国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

SDGs(持続可能な開発目標)持続可能な開発のための2030アジェンダ JIRCASの取組

Japan. Committed to SDGs

SDGsとは

 持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際社会共通の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールから構成されています。

持続可能な開発目標(SDGs)

JIRCASの取組

JIRCASは、「世界の食料の未来のために」をモットーに、貧困削減、食料安全保障の確保、地球環境問題の解決を目指して、開発途上地域における農林水産業に関する技術向上のための試験研究を行っています。1970年の発足以来、日本の農林水産業研究分野における国際貢献と連携の中核的な役割を担ってきました。研究成果は、開発途上地域の農民の所得向上、安定した食料供給、気候変動対応のために活用され、SDGs目標の達成に貢献しています。

JIRCASの活動が強く関与するSDGs目標について、代表的な取組を紹介します。

目標1 貧困をなくそう

目標1 貧困をなくそう
開発途上地域には地域固有の作物や伝統的な食料資源、林産物、水産物が豊富に存在します。こうした地域在来資源の適切な管理や生産性の向上、加工技術の改良を図るための高付加価値化技術を開発し、生産、加工、流通、消費に係わる様々なステークホルダーに恩恵をもたらすバリューチェーンの構築に取り組んでいます

目標2 飢餓をゼロに

目標2 飢餓をゼロに
2億1千5百万人以上の人々が栄養不足に直面しているといわれるサブサハラアフリカ地域(SSA)の食料不足問題を解決することは重要な課題です。SSAの食料問題解決に貢献するため、イネ増産、地域作物の活用や耕畜連携の課題について研究を行っています

開発途上地域においては、エネルギー不足に加えて微量栄養素の欠乏がみられる一方で、一部には肥満などの過剰なエネルギー摂取による弊害も顕在化し、ますます複雑な状況になってきています。このような開発途上地域における作物の生産および消費者への栄養素供給の状況を把握し、食料の需要・供給と栄養のバランスを分析しています。また、気象条件の突然の変化のような生産量の変動要因や、食料の需要に影響を与える社会経済的要因を考慮し、将来の食料需給と栄養バランスの予測に取り組んでいます

目標13 気候変動に具体的な対策を

目標13 気候変動に具体的な対策を
気候変動の最大要因である温室効果ガス(GHGs)の農業分野からの排出量は、人間活動全体のうち約14%を占めると言われています。これらガスの排出抑制と農業からの生計の確保とを矛盾することなく両立させる技術の開発を行っています。また、特に気候変動の影響を受けやすい開発途上地域において、資源管理や品種改良等より適応性の高い農業技術の開発を進めています

目標14 海の豊かさを守ろう

目標14 海の豊かさを守ろう
東南アジアにおける養殖業の多くは、沿岸部に広がっていたマングローブ林を切り開いて拡大してきました。このため、自然の持つ浄化機能が劣化したことに加え、陸域から流入する工業廃水や生活廃水環境の汚染により、養殖場での病害の頻発という問題が生じるようになりました。これらの問題を解決するため、環境保全と収益性向上を両立する養殖技術の開発や、生物の環境浄化機能を活用した水産資源利用技術、生態系と調和した持続的な漁場利用技術を開発しています

目標15 陸の豊かさも守ろう

目標15 陸の豊かさも守ろう
熱帯林は地球の環境を整えるとともに、その恵みにより私たちの暮らしを豊かにしてきました。しかし、伐採して他の土地利用に変換したり、木材を過剰に伐採し続けたりした結果、熱帯林は急速に減少・劣化しています。失われた森林面積を取り戻し、残されている天然生の熱帯林を保全し、そして地域の農山村住民の生計が向上して熱帯林と共存できるようにするため、新規植林および再植林により質的にも量的にもより価値の高い木材や林産物をより効率的かつ安定的に生産できる技術を開発し普及しています。