国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

目標13 気候変動に具体的な対策を

気候変動の最大要因である温室効果ガス(GHGs)の農業分野からの排出量は、人間活動全体のうち約14%を占めると言われています。これらガスの排出抑制と農業からの生計の確保とを矛盾することなく両立させる技術の開発を行っています。また、特に気候変動の影響を受けやすい開発途上地域において、資源管理や品種改良等より適応性の高い農業技術の開発を進めています