環境

気候変動対策技術や資源循環・環境保全技術の開発

2020年10月に、我が国は2050年を目途に温室効果ガス排出ゼロをめざし、脱炭素社会に向かう取り組みを表明しました。いわゆるカーボンニュートラルへの挑戦がわが国でも開始されました。また、この取り組みに農林水産業分野から積極的に貢献していくために、2021年5月に農林水産省から「みどりの食料システム戦略」が策定されました。

カーボンニュートラルを実現するためには、農業生産の現場からのGHG削減が不可欠です。作物栽培、家畜生産、採取型森林資源利用を通じ加速化されるGHG排出は、人々の生活や社会への負担を増幅する原因となります。農林水産業に大きく依存している開発途上地域の農家の多くは小規模農家であり、洪水や干ばつによる生産量の減少は家族の日々の生活を脅かすことになります。

また、市場に出回る農産物の量が減少すれば、市場価格の高騰し、消費者の生活が厳しくなってしまいます。GHG排出による気候変動の深刻化は、人々の生活を直接的・間接的に苦しめていることがわかります。持続的開発目標(SDGs)が掲げる17の目標を実現していくために、カーボンニュートラルな社会が必要なのです。

私たち国際農研は、そのような国々の国立農業研究機関等と協力し、各国のNDC達成に向けた協力を通じ、気候変動の影響に苦しむ小規模農家が必要とする技術開発に取り組んでいます。また、日本の科学技術イノベーションの集大成である「みどりの食料システム戦略」がアジアモンスーン地域の取組モデルとなるよう、当該地域の国々との国際共同研究を進めています。

 

関連する研究プロジェクト

研究成果情報

関連するJIRCASの動き

動画公開 熱帯島嶼の農業生産と環境保全 沖縄県赤土流出防止の取組

沖縄県、石垣市、フィリピン農業省と、農業生産と環境保全の両立に向けた知見を共有する国際会合を開催し、沖縄県から提供を受けた、沖縄の大地と海が育む美しい自然と大切な恵みを守るための取り組み動画に、英語字幕を付けて公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=HryGEBnzU2E

東京農業大学の3年生17名が熱帯・島嶼研究拠点を訪問

令和4年11月22日(火)、東京農業大学の3年生17名と教員2名が、国際農研 熱帯・島嶼研究拠点(熱研)を訪問しました。

プレスリリース

関連するイベント・シンポジウム

イベント
開催日
(日本時間)
石垣の資源循環を進める農業研究最前線
受付期間:
- (日本時間)
場所
石垣市民会館 中ホール(先着順150名、申込不要) オンラインは人数制限なし、要申込
( 沖縄県石垣市浜崎町1-1-2)
シンポジウム
開催日
(日本時間)
第69回日本生態学会大会シンポジウム
「気候変動の鍵を握る土壌におけるメタン吸収と温暖化の影響」
受付期間:
- (日本時間)
場所
ハイブリッド開催  

現地の動き

  • Pick Up

    741. 世界水の日

    3月22日は世界水の日です。世界水の日は、水と衛生の危機を解決するための変化を加速することを目的として制定されました。3月20日に公表された国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第6次統合報告書も、気候変動に伴い、水関連の課題が増加し、食料栄養・水の安全保障を脅かす可能性を指摘しています。水はすべての人に影響を与えるため、すべての人が行動を起こす必要があります。
  • Pick Up

    740. 2023年国際森林デー「森林と健康」

    明日、3月21日は国際森林デー (International Day of Forests)です。2023年のテーマは「森林と健康」です。森林は大切な食料と栄養の源であるだけでなく、気候変動に対する闘いにおいて大きな役割を果たしている一方、人間の経済活動による破壊や劣化の脅威にさらされており、保全・保護のための支援を必要としています。国際農研のチームは、熱帯林資源の持続的な利用と保全に向け、インドネシアでSATREPS「気候変動適応へ向けた森林遺伝資源の利用と管理による熱帯林強靭性の創出」プロジェクトを実施しています。
  • Pick Up

    725. 木のてっぺんで熱帯雨林の恵みを調べる 〜地上 50mでの光合成〜

    熱帯雨林と聞くとどんな森を思い浮べますか? 熱帯雨林は生物の宝庫であり、人類に様々な恩恵を与えてきただけでなく、二酸化炭素を貯蔵することから温暖化の緩和にも役立っています。本日の記事は、熱帯雨林の現場で活躍する国際農研の若手研究者の視点で、熱帯雨林の力を知り、守るための研究について紹介します。
  • Pick Up

    654. COP27サイドイベント農林水産省主催シンポジウム: 国際農研の研究紹介

    11月12日(土)、日本時間の夜、COP27サイドイベント 農林水産省主催シンポジウム「持続可能な農業および食料安全保障等の関する農林水産省の取り組み」に、国際農研の研究者が参加し、気候変動対応に資する技術開発の成果を紹介します。
  • Pick Up

    641. 石垣島の資源循環型農業を考えるセミナーを開催

    国際農林水産業研究センター(国際農研)は、令和4年10月26日(水)に「石垣の資源循環を進める農業研究最前線」と題したセミナーを、石垣市との共催で開催します。本セミナーでは、資源循環型農業に焦点をあて、石垣島の主要作物であるサトウキビなどの農業生産性を維持・向上しつつ、環境負荷の低減も進めるための研究内容を紹介します。ハイブリッド開催であり、オンラインでの視聴をご希望の方は、国際農研Webサイトから申込みください。
     

出張報告書