情報収集分析

国際的な農林水産業に関する動向把握のための情報の収集、分析及び提供

 世界の食料生産、農産物市場、食料需給、栄養供給をめぐる問題は極めて複雑で多岐にわたっており、地球規模の気候変動や国際社会・経済の動きなどの影響を受け絶え間なく変化しています。こうした状況の中、農林水産業が持続的に発展していくためには、現状分析や技術ニーズ調査による課題の把握と将来予測、研究成果の波及効果の分析を進め、これらの結果を研究や技術開発に的確に反映させていくことが非常に重要です。そして、このような取り組みを継続して行うことが、効果的な国際共同研究をうながし、研究開発成果の最大化にもつながります。

プログラムDは、他の3つのプログラムと連携しながら、国際的な研究開発の展開方向を探るために次の研究を実施します:

関連する研究プロジェクト

関連するプログラムの活動

関連するJIRCASの動き

水産領域 マーシー・ニコル・ワイルダー氏が日本水産学会賞を受賞

水産領域 マーシー・ニコル・ワイルダー プロジェクトリーダーが、令和2年度日本水産学会賞を受賞しました。研究成果は「有用エビ類の生殖・脱皮・浸透圧調節に関する生理生化学的研究と新養殖技術開発への展開」です。

JIRCAS創立50周年記念国際シンポジウム2020 開催報告

2020年11月10日(火) 、JIRCAS創立50周年記念国際シンポジウム 2020 「ポスト・コロナ時代のグローバル・フードシステムをとりまく地球規模課題の展開と農林水産業研究における国際連携の役割」がオンラインにて開催されました。簡単に概要を報告させていただきます。

プレスリリース

関連するイベント・シンポジウム

ワークショップ
開催日
-
Plant Phenotyping x Engineeringアイデアソン
受付期間:
-
場所

国際農林水産業研究センター(国際農研)本館2F 国際会議室(茨城県つくば市大わし1-1)
https://www.jircas.go.jp/ja/access/tsukuba
宿泊先:ウッディホテルスワ(茨城県つくば市上横場436-7)

イベント
開催日
ワークショップ「アフリカにおける持続可能な農村バイオエネルギー解決策」
場所

ICRAF国際会議場(ケニア共和国ナイロビ市)

現地の動き

  • Pick Up

    265. サトウキビ白葉病の防除技術マニュアル

    サトウキビ白葉病は、タイを中心にアジア各地のサトウキビ生産国で大きな被害を出しているサトウキビの虫媒伝染病です。国際農研では、本病の対策として、健全種茎の生産・配布法を中心とする防除技術マニュアルを作成し、タイに所在する研究協力機関であるサトウキビ・砂糖委員会事務局から発行しました。

  • Pick Up

    264. 高解析度のアフリカ土壌マップ

    アフリカの多くの国々において、農業生産性の改善には、土壌肥沃度の十分な理解とその土壌情報に基づいた肥培管理技術の確立が必要です。近年、アフリカの土壌肥沃度調査の多量なデータのとりまとめを通じ、土壌肥沃度のデジタル地図の作成が進んでおります。今回、Scientific Reports誌で発表された30m解析度の新たな土壌マップには、国際農研・CGIARとともに共同研究を行っているチームの研究者らも貢献しました。

  • Pick Up

    263. NASA、人類による活動が地球のエネルギー収支を改変しているエビデンスを確認

    国際社会は、産業化以来の気温上昇をできる限り1.5℃以下に抑えるために、温室効果ガスの排出を抑制するための行動を起こすことが求められています。そのためには、人類による経済活動に伴う温室効果ガスが気候変動にどのような影響を及ぼしているのかをモニタリングする必要があります。2021年3月、NASAは、人類による活動が、太陽光からのエネルギーが宇宙空間に放出されているのを妨げており、地球のエネルギー収支(energy budget)を改変していることを確認したと発表しました。

  • Pick Up

    262. 災害の農業・食料安全保障へのインパクト

    災害が農業に及ぼす最大かつ直接の影響は作物・畜産生産量の減少であり、農民への経済ロスにとどまらず、バリューチェーンを通じ、その影響はセクター・経済全体に及びます。2021年3月、国連食糧農業機関(FAO)は、災害の農業・食料安全保障にもたらすインパクトをとりまとめた報告書を公表、自然災害の頻度と強度が増している状況がニューノーマル化している事態に警鐘を鳴らしました。

  • Pick Up

    261.スーパー作物キヌア - 食料・栄養問題解決にインパクトを与えるキヌア研究

    国際農研では、栄養バランスに優れ、世界中でスーパーフードとして人気が高まっている南米アンデス原産のキヌアを用いた研究を行っています。キヌアは干ばつなどの過酷な環境でも栽培できることから、国際連合食糧農業機関(FAO)は、世界の食料・栄養問題解決の切り札になり得る作物として注目しています。

出張報告書