情報

戦略的な国際情報の収集分析提供によるセンター機能の強化

今日、グローバル・フードシステムは、気候変動や感染症といった地球規模の危機にさらされています。また、国際的に取引される農産物の需要・供給の不均衡が、グローバル・フードシステムを通じて瞬時に波及し、国・地域の経済パフォーマンスに影響を与え、社会格差の拡大をもたらす時代に突入しています。さらに今後開発途上国を中心に予測される人口増や都市化による食料消費の質・量的変化の加速は、食料供給・流通・需要の全段階に影響を及ぼし、食料栄養安全保障に不確実性をもたらすと考えられます。

政策・戦略策定者にとり、グローバルなアジェンダ・セッティングの場に参画していくためには、グローバル・フードシステムに関わる現状分析・将来動向についての最新の知見や科学に基づく戦略的議論について、体系的に整理された情報へのアクセスが不可欠です。また、研究者にとっても、地球規模課題解決のための研究課題を見極める上で、世界の科学技術ニーズに関する情報を常に更新する必要性が高まっています。

本プログラムでは、複雑化・多様化する開発途上地域の農林水産業と地球規模の食料システムに係る課題や開発ニーズに関する情報を多角的に収集・分析し、国内外に広く情報を発信し、オピニオン・リーダーとして、科学的知見に基づき地球規模課題の解決策について情報発信していくことを目指します。

そのため、以下の取り組みを行います。

 

関連する研究プロジェクト

関連するJIRCASの動き

第5期中長期計画 研究プログラムのロゴマークを公開

令和3年度より開始した第5期中長期計画において、国際農研は、主要な研究開発業務を「環境」「食料」という農林水産業に関する2つの地球規模課題の解決を出口としたプログラムにまとめています。また、複雑で多様な地球環境や世界の食料システムなどに関する情報センターとしての機能を発揮するための活動を「情報」プログラムとしています。この度、各研究プログラムのシンボルとなるロゴマークを制作しましたので、公開します。

気候変動適応拠点形成国際ワークショップを茨城大学GLECと共催します

昨年から始められた、茨城大学 地球・地域環境共創機構(GLEC)が主催する、気候変動適応研究拠点形成国際ワークショップに、国際農研は共催として参加します。
2021年9月16日と17日の2日間にわたってオンラインで開催されます。

関連するイベント・シンポジウム

イベント
開催日
OECD-FAO農業アウトルック報告書 出版記念イベント
場所
オンライン、ライブ配信

現地の動き

  • Pick Up

    401. サバクトビバッタの特異な繁殖行動を解明 -農薬使用量の減少に繋がる効率的な防除が可能に-

    サバクトビバッタは、西アフリカからインドにわたる半乾燥地域に生息していますが、しばしば大発生し、深刻な農業被害を引き起こします。国際農研では、サバクトビバッタの生態に基づく効率的な防除技術を開発するための研究を行っています。この記事では、農薬使用量の削減に繋がる、サバクトビバッタの繁殖行動を解明した研究についてご紹介します。
  • Pick Up

    400. 地球システム、食料問題、イノベーション

    10月16日はWorld Food Day 世界食料デーであり、今日の食生活をささえる生産・消費の在り方が、我々の地球と人類の健康に多大な負荷をもたらしていることについて啓発活動が行われました。9月に開催された国連食料システムサミットにおいても、地球と人類に資する食料システムの転換を促すためのイノベーションの重要性が議論されてきました。Pick Up 400回目を機に、地球システム・食料問題・イノベーションの関係について、地理学者であるルース・ドフリース教授の議論を紹介します。
  • Pick Up

    399. 稚エビの新しい生産技術開発~基礎研究と応用研究の両立~

    エビにはたくさんの種類がありますが、世界で最も多く養殖されているのはクルマエビ科のバナメイエビです。巨大化したエビ養殖産業を支えている現在の生産方法は、親エビへの負担が大きく、効率も良いとは言えません。国際農研では、生物学的な知見にもとづき、エビに優しく効率も良い新しい成熟促進技術を開発するための研究を推進しています。
  • Pick Up

    398. 開発途上国地域での活用が期待される農業IoTソリューション

    開発途上地域の気候変動問題や農業労働人口の制約に起因する食料問題の解決に向けて、先端技術やデジタル情報の活用による農業の省力・軽労・効率化を可能とするスマート農業技術への期待が高まってきています。
  • Pick Up

    397. 国際防災デー 2021: 開発途上国における災害リスクや損失削減のための国際協力

    10月13日は国際防災デー(International Day for Disaster Risk Reduction)です。災害は農業への影響を通じ、食料栄養安全保障に大きなインパクトをもたらします。直接的な影響は作物・畜産生産量の減少ですが、農民への経済ロスにとどまらず、バリューチェーンを通じ、その影響はセクター・経済全体に及びます。2021年の国際防災デーでは、開発途上国における災害リスクや損失削減のための国際協力がテーマとなっています。