国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

エチオピア

エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。首都はアディスアベバ。 アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つとして知られる。サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

エチオピア国ティグライ州の水土保全事業の式典に職員が参加

エチオピア国ティグライ州の水土保全事業の式典に国際農研職員が参加

2020-03-03

エチオピア国ティグライ州の水土保全事業の式典に国際農研の職員が招待され、参加者にプロジェクトの紹介を行いました。

第1回 食料と栄養のアフリカ・イニシアティブ(IFNA) パートナー会議に出席

2017-05-23

5月18日、19日、安倍総理がTICADで開始を宣言したIFNAの第1回パートナー会議が、10ヶ国のパートナー国の代表者、FAO、WHOなど20以上の国際機関が参加してエチオピアで開催されました。

関連する現地の動き

  • 会議概要報告 アフリカにおけるツマジロクサヨトウ対策のための研究に関する国際会議の報告

    近年、アフリカ大陸において、ツマジロクサヨトウ(Fall Armyworm: FAW)が爆発的に拡散し、農業生産に深刻な影響をもたらしています。2018年10月29-31日、エチオピアのアフリカ連合本部にて、FAW対策のための研究に関する国際会議が開催され、国際農研からは、飯山研究コーディネイターが参加しました。

刊行物

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

報告書番号 出張年月 国名 出張目的 関連プログラム
H31-0462 2020年2月-2020年3月 ブルキナファソ, エチオピア, ミャンマー 1.ブルキナファソにおける農地利用に関する調査(A2-1a ブルキナファソ)、2.エチオピアにおける樹木バイオマス調査(A2-2a エチオピア)、3.ミャンマー塩害地域における米の生育調査(A1-II-1a ミャンマー) 資源・環境管理
H31-0417 2020年2月-2020年2月 ブルキナファソ, エチオピア 1.保育ブロック植栽木根系調査及び果樹ポット試験の根系調査、2.在来アカシア植生季節変動調査及びティグライ州内他地域における農業生態系事情調査 資源・環境管理
H31-0433 2020年1月-2020年2月 エチオピア 1.エチオピア国キルテアウラエロ郡における農民の森林保全意識に関する追加的農家調査、2.エチオピア国アファール州の牧畜民の共同体意識に関するサンプル調査 資源・環境管理
H31-0418 2020年2月-2020年2月 マダガスカル, エチオピア 1.マダガスカル中央高地のファーミングシステムにおける主要作物を用いた圃場栽培試験の土壌・植物体サンプリング、2.小流域における植生被覆を活用した侵食制御技術の評価等に関する現地調査 資源・環境管理, 農産物安定生産
H31-0352 2019年11月-2019年12月 エチオピア 2019年度コムギ栽培試験及び造成農地におけるニンニク栽培試験の確認 資源・環境管理

研究成果情報