戦略的情報収集分析提供プロジェクト【戦略情報】

関連プログラム
情報
国名
日本

2022-01-11

背景

近年、地球規模課題の解決に向けた気運が加速する一方で、たゆまない科学技術の進歩は世界に大変革をもたらし、異分野連携や最先端技術導入といった戦略の差が国際競争力を左右する時代になっています。地球・人類双方のために健全かつ持続可能なグローバル・フードシステムへの転換を進めるにあたって、社会経済・食料栄養・技術開発をつなぐ包括的な情報の収集・分析・提供が期待されています。

プロジェクト目標

国際農林水産業に関する情報の収集および体系的な整理に加えて、質の高い情報を提供します。さらに、オリジナルコンテンツ作成などによる対象者への効果的な配信方法の工夫を通じて、国内随一のインテリジェンス・センターとしての地位を確立します。

研究課題構成

  • 戦略的広報
  • グローバルセンター機能
  • 食料栄養需給および農業技術動向分析
  • 技術評価システム開発

対象国

世界、日本

成果の対象者・受益者

政策・戦略策定者+メディア、技術開発関係者+国際連携パートナー、国際問題に関心ある幅広い関係者

プロジェクトリーダー

金森 紀仁(情報広報室)

プロジェクトポスター

戦略的情報収集分析提供プロジェクト【戦略情報】

戦略的情報収集分析提供プロジェクト【戦略情報】

関連するJIRCASの動き

シンポジウム「野菜・果物―地球と人間の健康のための研究と行動の機会」開催報告

2021年12月6日(月)、国際農研は、FAO駐日連絡事務所と共催で、「野菜・果物―地球と人間の健康のための研究と行動の機会」シンポジウムをオンライン開催しました。本シンポジウムは、2021年12月7、8日に行われた東京栄養サミット(N4G)の公式サイドイベントです。

埼玉県立熊谷高等学校の生徒38名が国際農研を訪問

令和3年11月26日(金)、埼玉県立熊谷高等学校の1学年生徒38名と先生2名が、「つくばサイエンスツアー」を通じて国際農研を訪問しました。同校から訪問は、昨年11月に続いて2回目です(リピートありがとうございます!)。
今回も訪問人数を考慮し、午前と午後の2班に分かれて、国際農研の研究紹介(屋内講義)を行いました。

気候変動適応拠点形成国際ワークショップを茨城大学GLECと共催します

昨年から始められた、茨城大学 地球・地域環境共創機構(GLEC)が主催する、気候変動適応研究拠点形成国際ワークショップに、国際農研は共催として参加します。
2021年9月16日と17日の2日間にわたってオンラインで開催されます。

関連するイベント・シンポジウム

ワークショップ
開催日
国際農研-CCFS研究会ワークショップ 「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響–不確実性下のフードセキュリティ–」
受付期間:
-
場所
オンライン(Zoom)
シンポジウム
開催日
野菜・果物―地球と人間の健康のための研究と行動の機会
受付期間:
-
場所
オンライン
イベント
開催日
OECD-FAO農業アウトルック報告書 出版記念イベント
場所
オンライン、ライブ配信