開発途上地域を対象とした農業分野の総合的気候変動対応技術の開発【気候変動総合】

関連プログラム
環境

2022-01-11

背景

農業由来のGHGの排出量は、全体の10%以上を占め、その8割を占める家畜・水田由来のCH4と土壌・肥料・排泄物からのN2Oの削減が肝要です。また、気候変動に伴い頻発化する干ばつなど極端気象への適応技術の開発・普及が求められています。技術の深化と社会実装に向け、農家のコベネフィットを意識し、行動変容につながるエビデンスの提示、技術開発、政策提言への取り組みが必要です。

プロジェクト目標

農家の行動変容につながり、プロジェクト対象国のNDC(国が決定する貢献:パリ協定第4条に基づく、自国が決定するGHG削減目標と、目標達成の為の緩和努力)に貢献する気候変動緩和技術・適応技術を総合的に開発・実装します。また、これを通じて対象国間の研究ネットワークを構築します。

研究課題構成

  • 気候変動対応型の水稲作技術および灌漑水利用・管理技術の開発
  • 熱帯土壌における炭素貯留促進技術の開発
  • 気候変動対応型畜産体系の確立
  • 気候変動対応技術の社会実装・普及のための手法の検討と実践

対象国

カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム、日本

成果の対象者・受益者

農家、民間事業者、農産物加工業者、カウンターパート機関、普及機関、相手国政府等

プロジェクトリーダー

泉 太郎(農村開発領域)

プロジェクトポスター

開発途上地域を対象とした農業分野の総合的気候変動対応技術の開発【気候変動総合】

開発途上地域を対象とした農業分野の総合的気候変動対応技術の開発【気候変動総合】

関連するJIRCASの動き

栃木県立栃木高等学校の生徒40名が国際農研を訪問

令和3年11月11日(木)、栃木県立栃木高等学校の1学年生徒40名と先生2名が、「つくばサイエンスツアー」を通じて国際農研を訪問しました。同校から訪問は、昨年11月に続いて2回目です(リピートありがとうございます!)。
今回も訪問人数を考慮し、2班に分かれて、国際農研の研究紹介(屋内講義)と八幡台圃場でコメのサンプル紹介など(屋外演習)をそれぞれ行いました。

気候変動適応拠点形成国際ワークショップを茨城大学GLECと共催します

昨年から始められた、茨城大学 地球・地域環境共創機構(GLEC)が主催する、気候変動適応研究拠点形成国際ワークショップに、国際農研は共催として参加します。
2021年9月16日と17日の2日間にわたってオンラインで開催されます。

プレスリリース