現地の動き

Pick Up

550. 世界環境デー Only One Earth(かけがえのない地球)

6月5日は世界環境デーです。1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念し、日本の提案を受けて制定されました。今年はちょうど50年目にあたり、6月2、3日にハイレベル会議「ストックホルム+50:すべての人の繁栄のための健全な地球-私たちの責任と機会」が開催されています。
Pick Up

549. 気候変動アクションにおける社会科学の重要性

気候変動対策のゴールを達成しつつ、人々の生活の質を向上し経済とエコシステムの双方の繁栄を保障する上で、技術的な改善と同時に社会変化が必要とされています。PLOS CLIMATE誌に最近公表された論文は、気候変動アクションにおける社会科学の重要性を強調しました。
Pick Up

548. ロシアのウクライナ侵攻による食料危機を巡る懸念と攻防

6月に入りましたが、年初以来、ロシアによるウクライナ侵攻など、コロナ禍も収束しきれていない国際社会に様々な試練が訪れています。5月24日世界経済フォーラムは、2022年に起こりうる事について世界トップのエコノミストの意見を取りまとめましたが、その一つにロシアのウクライナ侵攻による小麦・肥料等の価格高騰の波及がもたらす世界食料安全保障の危機があげられました。
Pick Up

547. 栄養価の高い食品の小売価格はコロナ症例数の多い国でより上昇した

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中で生命や生計を脅かし、食品の価格の変動をもたらしました。今回は、世界の食品の小売価格データからその影響を分析した論文をご紹介します。
Pick Up

546. ウクライナにおける戦争の食料・燃料安全保障への影響

ロシアのウクライナ侵攻は国際政治と市場を震撼させています。収束のタイミングは不確実なものの、この戦争は国際社会にとり長期的で構造的な影響を及ぼすことは必須です。イギリスのシンクタンク、チャタム・ハウス(Chatham House)は、ウクライナ戦争が供給寸断リスクを連鎖的にもたらすことで引き起こす食料・燃料安全保障への影響について、報告書をまとめました。
Pick Up

545. 大雨・高潮・ハリケーン

気候変動とともに、熱波・干ばつの他、大雨による大災害の可能性も高まることが予測されています。気象庁と国土交通省は、線状降水帯発生の恐れや内陸地域での高潮警報など、防災情報の伝え方を変えることを発表しました。海を越え大西洋ではハリケーンにアルファベット順の名前をつけますが、昨年に大被害をもたらしたIda(アイダ)が「引退」リスト入りしました。温暖化の下で、異常気象の頻度と強度が増していくことが予測される中、農林水産業は大きなインパクトを受け、食料安全保障にも影響が及ぶ可能性があります。大災害の回避には、早期警戒システムの整備と同時に、気候変動の緩和・適応対策の双方を通じた強靭な社会経済システム・食料システムの構築が必要とされます。
Pick Up

544. 同時・連続的に起こる異常気象のインパクト

NASAの新たな研究によると、温暖化の進む世界では気候災害について、「降れば土砂降り:Troubles never come singly」という諺(ことわざ)が現実になりつつあります。Environmental Research Letters誌に掲載された研究によると、洪水や熱波が時間・空間的に同時に起こる確率が高まり、不作、森林火災やその他の災害をもたらす可能性を指摘しました。
Pick Up

543. 干ばつリスクに対するプロアクティブなマネジメントの必要性

2022年5月、国際連合砂漠化対処条約(UNCCD)が発表した報告書(DROUGHT IN NUMBERS 2022)によると、近年、干ばつの頻度と強度が増す傾向が強まり、人間社会だけでなく、全ての生命が依存する生態系システム全体に影響を及ぼしつつあります。危機に対する場当たり的な対応策から、干ばつリスクに対するプロアクティブなマネジメントアプローチが求められ、そのための十分な財政措置・政治的意思に基づく調整・協力が必要となります。
Pick Up

542. ヤムイモの生育促進に共生微生物が寄与―生産性向上に向けた新技術の開発を目指す

西アフリカで主食、換金作物として生産されるヤムイモは、近年需要が高まり、生産性の向上が求められています。最近の研究により、ヤムイモにはマメ科作物のように窒素固定細菌が共生し、その働きにより植物の生育とイモの生産を促進していることが明らかになりました。これらの研究の成果は、低肥沃土壌でも栽培できるヤムイモ品種や肥培技術の開発に貢献すると考えられ、微生物の力を利用することで、高額な化学肥料の導入コストを抑えたヤムイモ栽培の実現が期待されます。
Pick Up

541. 西アフリカギニアサバンナの重要作物、ヤムイモの性別とイモ収量の関係を解明 ―効率的な栽培法の開発を目指して―

ホワイトギニアヤムは西アフリカ沿岸地域(ギニアサバンナ)において広く栽培され、この地域の食料需給を支える重要作物です。しかし、栽培に手間がかかることがヤム農家の大きな負担となっていることから、国際農研では収量改善を通じた効率的なヤム栽培技術の開発に取り組んでいます。今回、ナイジェリアの国際熱帯農業研究所との共同研究により、長らく謎であったヤムにおける花の性別とイモ収量の関係を明らかにしました。この成果により、ヤムの花性制御による収量改善の可能性が見えてきました。
Pick Up

540. 気候変動・食料危機・「国際生物多様性の日」

5月18日、世界気象機関(WMO)は、世界気候の現状に関する報告書2021年版を公表、2021年に気候変動に関する主要4指標 -温室効果ガス濃度、海面上昇、海洋熱、海洋酸性化- のすべてが過去最高値を記録したことを発表しました。5月18日には、また、グテーレス国連事務総長が、気候変動とCOVID-19で既に危機的状況にある世界の食料問題に言及し、ロシアによるウクライナ侵攻で食料安全保障が急激に悪化していることに警鐘を鳴らし、食料危機対応の国際連携の緊急性を訴えました。週末の5月22日は「国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)」です。 グローバル化した世界において、生物多様性・気候変動・食料栄養安全保障の問題は密接に関わりあっており、国際的連携による解決が求められます。
Pick Up

539. 健康増進のための十分に活用されていない遺伝資源・アマランサスの今後の展望と可能性

地球規模の環境変動は、世界の食料安全保障にとって最も深刻な脅威の1つです。また、世界で20億人以上が「隠れた飢餓」と呼ばれるなんらかの微量栄養素不足に苦しんでいます。このような状況において、コメ、コムギ、トウモロコシ、ダイズなどに代表される限られた作物種への過度の依存は、遺伝的多様性の喪失、環境適応における作物育種の脆弱性、偏った栄養バランス等につながる可能性が指摘されています。孤児作物と呼ばれる十分に活用されていない作物や遺伝資源を効果的に利用することは、こうした問題解決の糸口の一つになるかもしれません。このたび、環境変動や栄養問題に対する孤児作物、特にアマランサスの可能性についての総説を発表したので紹介します。
Pick Up

538.トマトの熱ストレス耐性付与のための遺伝・分子的メカニズム

気候変動は、世界の食料安全保障に対する主要な脅威です。気候の変化は、作物の生産を減らすだけでなく、その野生近縁種の遺伝的多様性を減らして、将来の品種育種のための選択肢を制限し、将来のより深刻な課題に適応させるための能力を減らすことによって、現在の食料システムに影響を与える可能性があります。さらに今後予測される気温上昇は、熱波を含む異常気象の可能性を高め、熱ストレスは多くの作物の非生物的ストレスの主要な要因となると予測されます。熱ストレスは、栄養成長および生殖発達の全ての生育段階で、植物の形態や生理に悪影響を与える可能性が指摘されています。特にトマトなどの果菜類は、適度な熱ストレスでも着果および収穫量が劇的に減少し、果実の品質を低下させます。このたび、トマトの熱ストレス耐性付与のための遺伝・分子的メカニズムについて解説した総説を発表したので紹介します。
Pick Up

537. 「パームオイル」を通じて考える未来のエコライフ

不安定な国際社会情勢を受け、植物油、穀物、肉などの世界的な高騰により食料品の値上げが続いています。とくに最近の植物油の価格上昇は著しく、その原材料の植物油脂にはパームオイルも使われています。本日は、パームオイル産業の抱える課題について解説したミニ講演、『「パームオイル」を通じて考える未来のエコライフ』を紹介します。
Pick Up

536. 世界の水は、つながっている SDGsとアフリカ農業用水

国際農研職員によるミニ講演がYouTubeサイトでアーカイブ公開されております。本日は、『世界の水は、つながっている SDGsとアフリカ農業用水』を紹介します。
Pick Up

535. 微生物の力で地球に優しい農業を実現

世界の食料生産を見渡すと、土壌肥沃度・生産性を向上させるために過度の化学肥料を使用するシステムにおいては、地上・地下水の汚染が起こっています。これに対し、土壌中、とりわけ作物の根圏に見られる様々な土壌微生物の中には、作物による栄養分吸収に貢献するものもあることが知られています。有用な微生物の活動を促進することは、作物生産性を強化すると同時に、化学肥料への依存を減らして、間接的に地球に優しい農業を促進することが期待されます。本日は、国際農研職員によるミニ講演、『微生物の力で地球に優しい農業を実現』を紹介します。
Pick Up

534. コメのいろいろ~アジアの多彩なコメ文化

先月、国際農研の一般公開が開催されました。国際農研職員によるミニ講演がYouTubeサイトでアーカイブ公開されております。本日は、『コメのいろいろ~アジアの多彩なコメ文化』を紹介します。
Pick Up

533. 農業生産多様性が子どもの栄養状態に及ぼす影響

栄養不良は、子どもたちに生涯にわたって続く大きな影響をもたらします。今回は、マダガスカルの農村を対象として、各農家の農業生産の多様性、食の多様性、そして子供の栄養状態への影響をみた論文を紹介します。
Pick Up

532. バングラデシュにおけるさび病菌の病原性の変化

ダイズさび病は熱帯・亜熱帯地域の大豆生産において深刻な影響を及ぼします。バングラデシュでも生産の拡大に伴いさび病が問題となっています。本研究では、抵抗性品種の導入によるさび病対策に向け、既知のさび病抵抗性遺伝子に対する病原性を調査しました。その結果、2016年のさび病菌は病原性が弱く既知の抵抗性遺伝子の多くが有効でしたが、2018年と2019年のさび病菌の病原性は非常に強く変化したことが分かりました。その中には既知の7種の抵抗性遺伝子が全く効かない強病原性のさび病菌が含まれていました。抵抗性品種の導入はコストや環境負荷の観点から有効ですが、安定的な効果を得るためには強病原性のさび病菌に対応した遺伝子集積などを利用した抵抗性品種の開発が必要となります。
Pick Up

531. 食料システム・気候変動・土地劣化

5月5日、2022年世界食糧賞(World Food Prize)は、NASAの気候学者であるDr. Cynthia Rosenzweigに与えられることが発表されました。Rosenzweig博士は気候変動の食料生産へのインパクトのモデル化におけるパイオニア的な研究で知られており、食料システム転換に必要なエビデンスを提供することに貢献してきました。同時に、食料システムは気候変動だけでなく、土地劣化や生物多様性喪失の原因となっています。4月27日、国際連合砂漠化対処条約(UNCCD)は、Global Land Outlookを公表、人類の活動が土地にかつてない負荷をもたらしている、と警鐘を鳴らしました。