アフリカのための稲作を中心とした持続的な食料生産システムの構築【アフリカ稲作システム】

関連プログラム
食料

2022-01-11

背景

サブサハラアフリカでは、4人に1人が慢性的な飢餓状況にあり、世界で最も食料安全保障が立ち遅れています。地域の食料を安定的に確保し、SDGsに掲げられた飢餓の撲滅を実現するためには、不安定化する栽培環境に適応し、水や養分などの限られた資源を有効に活用できる食料生産技術が求められます。そこで、地域の基幹作物であるコメの増産と人々の栄養改善につながる新たな技術や知見を創出し、稲作を中心とした持続的な食料生産システムの構築を目指します。

サブサハラアフリカにおけるコメ(精米ベース)の生産量と消費量の推移

サブサハラアフリカにおけるコメ(精米ベース)の生産量と消費量の推移

(出典:USDA Production, Supply Distribution Online at https://apps.fas.usda.gov/psdonline/app/index.html#/app/home
不安定な水環境、養分供給に乏しい風化土壌、農家の肥料投入力の低さにより、イネの生産性が制限されている。

不安定な水環境、養分供給に乏しい風化土壌、農家の肥料投入力の低さにより、イネの生産性が制限されている。

プロジェクト目標

コメ生産量の増加に有効な水管理技術、育種素材および栽培技術と地域の限られた資源を有効活用して、栄養改善に資する稲作を中心とした持続的な食料生産技術を開発し、対象国に提供します。

不安定な生産環境への適応性や栄養性・市場性が強化された育種素材の開発

不安定な生産環境への適応性や栄養性・市場性が強化された育種素材の開発

水と土壌養分を有効に活用し、かつ、コメ増産と農家の栄養改善・所得向上に繋がる食料生産システムの開発と評価

水と土壌養分を有効に活用し、かつ、コメ増産と農家の栄養改善・所得向上に繋がる食料生産システムの開発と評価

研究課題構成

  • アフリカにおける水田稲作のポテンシャル解明とその最大化のための技術開発
  • アフリカの食料増産と栄養改善に資するイネと野菜の育種素材開発
  • 栄養改善と所得向上に繋がる資源利用に優れたイネ生産技術・システムの開発と影響評価

対象国

マダガスカル、タンザニア、ギニア

成果の対象者・受益者

プロジェクト実施国試験研究機関、普及組織(員)、他国試験研究機関、国際試験研究機関、国際開発プロジェクト

プロジェクトリーダー

辻本 泰弘(生産環境・畜産領域)

プロジェクトポスター

アフリカのための稲作を中心とした持続的な食料生産システムの構築【アフリカ稲作システム】

アフリカのための稲作を中心とした持続的な食料生産システムの構築【アフリカ稲作システム】

関連するJIRCASの動き

土壌肥沃度の迅速評価技術に関するワークショップをマダガスカルで開催

SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)プロジェクト「肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上(国際農研・辻本研究代表)」で開発した土壌肥沃度の迅速評価技術に関するワークショップを開催し、研究成果を農業技術普及員などの受益者に広く発信しました。

生産環境・畜産領域の辻本泰弘プロジェクトリーダーが第20回日本農学進歩賞を受賞

国際農研 生産環境・畜産領域の辻本泰弘プロジェクトリーダーが第20回日本農学進歩賞を受賞しました。業績名は「アフリカの栽培環境に適した効果的なイネ施肥技術の開発と普及」です。同賞は農学の進歩に顕著な貢献をした若手研究者に対して、公益財団法人農学会が表彰するものです。

辻本泰弘プロジェクトリーダーらの発表が第10回アジア作物学会議の優秀発表賞を受賞

令和3年9月8~10日にオンラインで開催された第10回アジア作物学会議において、生産環境・畜産領域の辻本泰弘プロジェクトリーダーらが、研究成果「農家の栽培管理法—移植日と栽植密度—の違いがイネ収量に対する窒素およびリンの効果に影響する」で、優秀発表賞を受賞しました。

プレスリリース