生態系アプローチによる熱帯域の持続的水産養殖技術開発及び普及【熱帯水産養殖】

関連プログラム
食料

2022-01-11

背景

東南アジア地域の漁村や農山村にとって、水産物は重要な収入源であるとともに、タンパク質・ミネラル等の重要な栄養源として不可欠です。しかし、零細養殖業者を含む地方コミュニティの社会経済的な背景は複雑になっています。実用的な養殖技術を開発・普及するためには、事前に地元のニーズや養殖漁場の利用法等について関係者と十分に協議を行う生態系アプローチが有効です。その際、コミュニティの意思決定ツールとして複数のシナリオを提示することにより、環境調和型の持続的養殖の方向性を理解・共有することが可能になります。

生態系アプローチ:生態系保全をしつつ、人間が天然資源を破壊することなく、持続的・合理的に利用するプロセス

プロジェクト目標

生態系機能を維持したコミュニティベースの養殖漁場管理(養殖業の生態系アプローチ)の適用により熱帯域の持続的養殖技術開発・普及を行うとともに、水産物供給の安定化による住民の栄養改善を図ります。

研究課題構成

  • 熱帯域に順応した持続的養殖技術の高度化と地域住民の栄養改善
  • 熱帯域の環境に調和した高価値の種苗生産及び中間育成を導入した養殖システムの開発

対象国

ミャンマー、マレーシア、タイ、フィリピン

成果の対象者・受益者

零細養殖業者・地域コミュニティ、相手国研究機関・大学、相手国政府

プロジェクトリーダー

宮田 勉(水産領域)

プロジェクトポスター

生態系アプローチによる熱帯域の持続的水産養殖技術開発及び普及【熱帯水産養殖】

生態系アプローチによる熱帯域の持続的水産養殖技術開発及び普及【熱帯水産養殖】

関連するJIRCASの動き

多栄養段階統合養殖(IMTA)における課題と将来展望に関するワークショップのプロシーディング

国際農林水産業研究センター(国際農研)は、2011年から10年間、フィリピンの東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)と共同で、アジアモンスーン地域における水産物の持続的かつ公平な生産促進を目的とした多栄養段階統合養殖(IMTA)の研究プロジェクトを実施しました。この度、2019年8月に開催したワークショップのプロシーディングを出版しました。

現地の動き

  • Pick Up

    553. 世界海の日

    6月8日は「世界海の日」です。国際社会が直面している海洋に関する課題について世界的な認識を高める機会を作るために制定されました。また、2022年は「零細漁業と養殖の国際年」です。本日のPick Upでは、国際農研の研究成果から水産分野の零細漁業と養殖に関連する国際共同研究を2例紹介いたします。

  • Pick Up

    520. 日本人が大好きなエビの養殖方法

    エビ(ここではクルマエビ類を指します)が大好きな日本人。2019年には23万トンを超えるエビを年間に消費 しており、国民一人あたりの消費ではアメリカに次いで世界第2位となっています。政府の統計によると、我が国に輸入されるエビのうち、約70%はベトナムやインドなど東南アジアや南アジア地域で生産されたものです。これらの国では、1980年代まで漁獲されたエビが輸出されていましたが、資源が少なくなったことから、1990年代以降では主に養殖による生産に変化しました。また、2022年は「零細漁業と養殖の国際年」です。今回のPickUpでは、一般的にあまり知られていないエビの養殖方法について、ご紹介いたします。

研究成果情報