2021年度 JIRCASの動き

福田善通博士が「イネいもち病抵抗性判別システムの普及と利用」で日本育種学会賞を受賞

国際農研においてイネいもち病防除技術開発のための国際ネットワーク研究を推進した福田善通博士(元 熱帯・島嶼研究拠点、前 生物資源・利用研究領域 主任研究員)が、2020年度日本育種学会賞を2021年3月20日付けで受賞しました。

気候変動適応拠点形成国際ワークショップを茨城大学GLECと共催します

昨年から始められた、茨城大学 地球・地域環境共創機構(GLEC)が主催する、気候変動適応研究拠点形成国際ワークショップに、国際農研は共催として参加します。
2021年9月16日と17日の2日間にわたってオンラインで開催されます。

OECD-FAO 農業アウトルック報告書 出版記念イベントを開催

7月14日(水)、FAO駐日連絡事務所主催、国際農研の協力により、ウェビナー形式で、OECD-FAO 農業アウトルック報告書 出版記念イベントをオンライン開催いたしました。日本のみならず、ドイツ、アメリカなど16か国から、250名以上の視聴者の方々に当日ご聴講いただきました。イベントの様子を、JIRCAS のYoutubeチャネルにて公表いたしました。

林業領域 河合清定氏が第25回日本熱帯生態学会「吉良賞」奨励賞を受賞

林業領域の河合清定研究員が、第25回日本熱帯生態学会「吉良賞」奨励賞を受賞しました。受賞対象となった研究は “Variations of leaf and stem traits in relation to altitudinal distributions of 12 Fagaceae species of Mount Kinabalu, Borneo”です。

国際農研が後援する「持続的土地管理のためのブルキナファソ国際科学シンポジウム」が成功裏に開催されました

西アフリカ、ブルキナファソの首都ワガドウグにおいて、2021年5月17-20日の日程で、「持続的土地管理のための国際科学シンポジウム」が開催されました。ブルキナファソ土壌科学学会が主催し、ブルキナファソ国家芸術文化科学アカデミー、サヘル地域干ばつ政府間常設委員会が共催しました。国際農研および日本熱帯農業学会が後援しました。

国際農研の創立記念日から公式Twitterを始めました

今日6月10日は国際農研の創立記念日です。国際農研の前身「熱帯農業研究センター」が発足してから51年が経ちます。本日の記念日に合わせてTwitterを開始しました。

https://twitter.com/jircas_direct

研究職員(若手育成型任期付研究員)募集

国立研究開発法人国際農林水産業研究センターでは、研究職員の募集を行っております。

国際農研提案の2課題がSATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)に条件付き採択されました

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人国際協力機構(JICA)が共同で実施しているSATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)の令和3年度新規採択研究課題として、国際農研の研究者が提案した2課題が条件付きにて採択されました。

水産研究・教育機構の中山一郎理事長らが国際農研を訪問

令和3年5月20日(木)、国立研究開発法人 水産研究・教育機構(以下、水研機構)の中山理事長らが国際農研を訪問され、小山理事長をはじめとする国際農研職員と意見交換を行いました。本年4月に就任した両理事長は、新たに始まった第5期中長期計画に対応した組織の新体制についてお互いに紹介しました。

国際農研発のBNI技術が食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」に選定

国際農研発のBNI技術が食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」に選定されました。

JIRCAS-FFTC 国際イネいもち病ワークショップのプロシーディング公表

JIRCAS-FFTC 国際イネいもち病ワークショップ(2020年9月18日開催)のプロシーディングが公表されました。FFTC Webサイトからダウンロードできます。

国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所との連携強化に関する意見交換

令和3年4月16日、国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所の日比絵里子所長と三次啓都シニアアドバイザーが国際農研を来訪され、小山理事長・岩永顧問ら幹部と連携分野について意見交換を行いました。

パスカル・バジョボ・ブルキナファソ特命全権大使ご一行の国際農研来訪

令和3年4月20日(火)、駐日ブルキナファソ大使館より、パスカル・バジョボ・ブルキナファソ特命全権大使ご一行が国際農研を訪問され、小山理事長はじめとする国際農研幹部と意見交換を行いました。

生産環境・畜産領域の辻本プロジェクトリーダーらが日本作物学会論文賞を受賞

生産環境・畜産領域の辻本泰弘プロジェクトリーダーらの論文「Challenges and opportunities for improving N use efficiency for rice production in sub-Saharan Africa」に対し、このたび、「第18回日本作物学会論文賞」が贈られました。

アフリカの乾季がある熱帯・亜熱帯地域で利用できる「サイレージ・発酵TMR -調製マニュアル-」を発行

国際農研は、モザンビーク南部を対象として行った「アフリカ食料」プロジェクトで得られた畜産研究の成果に基づいて、現地で活動する研究者や生産者が、サイレージと発酵TMRの調製法を理解し活用できる情報を提供するためのマニュアルを発行しました。