JIRCAS-FFTC 国際イネいもち病ワークショップのプロシーディング公表

関連プログラム
食料
JIRCAS-FFTC 国際イネいもち病ワークショップ(2020年9月18日開催)のプロシーディングが公表されました。FFTC Webサイトからダウンロードできます。

2020年9月18日、国際イネいもち病ワークショップ「アジアにおけるイネいもち病の適用可能な解決策」が、国際農研(JIRCAS)と台湾のアジア太平洋食糧肥料技術センター(FFTC)との共同主催で開催されました(https://www.jircas.go.jp/ja/reports/2020/r20200926)。

このたび、ワークショップにおける発表を論文集にまとめたプロシーディングが公表されました。本プロシーディングは、ワークショップで議論された、アジア各国のいもち病害発生状況や研究成果、国際農研が2006年より実施してきたイネいもち病ネットワーク研究の成果、さらにはそれらの研究成果や遺伝資源を用いた今後の研究の方向性についてとりまとめられています。FFTC Webサイト(https://www.fftc.org.tw/en/publications/main/2301)からダウンロードできます(要ユーザ登録)。

Fukuta, Y., Hasebe, A., Kato, M., and Yang, R-Y. (Eds.). (2021). Applicable solutions against rice blast in Asia. Taipei, Taiwan: Food and Fertilizer Technology Center for the Asian and Pacific (FFTC).