第1回 食料と栄養のアフリカ・イニシアティブ(IFNA) 運営委員会に出席

関連プログラム
第4期中長期計画 » 情報収集分析

安倍総理が昨年8月、TICAD VIで開始を宣言したIFNAの第1回運営会議が、5月17日、エチオピア国で開催され、運営委員であるJIRCASから岩永理事長らが出席しました。

2017年5月17日、エチオピア・アジスアベバに於いて、IFNA(Initiative for Food and Nutrition Security in Africa)第一回運営委員会が開催され、JIRCASは運営委員として参加しました。
運営委員会においては、10の対象国におけるマルチセクターによる栄養イニシアチブの制度的・能力強化面を支援するIFNAの役割・意義について、共同議長であるJICA及びNEPADから提案があり、短期・中長期的活動スケジュールの共有・確認が行われました。
IFNAの運営委員はJIRCASのほか、AfDB(アフリカ開発銀行), FAO, IFAD, JICA, NEPAD, UNICEF, WB, WFP, WHOという食料と栄養に関する国際機関からなっています。
5月18、19日には、同地においてアフリカ各国から担当大臣や民間企業なども参加し、第1回IFNAパートナー会議が開催されます。

第1回 IFNA運営委員会の様子

委員会で発言する岩永理事長