Pick Up

83. 持続可能な開発レポート2020(続編)-日本のSDGs達成状況は?-

前回のPickUp(Pick Up 82)記事では、持続可能な開発ソリューションネットワークとベルテルスマン財団による2020年版持続可能な開発レポートについて紹介しましたが、今回はその中から日本のSDGs達成状況について見ていきたいと思います。

日本は順位を2つ下げて17位:

17の持続可能な開発目標(SDGs)に対して設定されたSDG指標をもとに、100点満点で達成状況のランク付けが行われました。日本は79.2ポイントで17位でした(国連加盟国でランク付け可能な166カ国中)。昨年からポイントは若干上昇したものの(昨年78.9ポイント)、順位を2つ下げました。

また、日本以外のアジアの国では、20位韓国(78.3ポイント)、41位タイ(74.5ポイント)、48位中国(73.9ポイント)49位ベトナム(73.8ポイント)、60位マレーシア(71.8ポイント)という結果でした。

日本は3つのSGDsを達成:

目標4(質の高い教育をみんなに)、目標9(産業と技術革新の基盤をつくろう)、目標16(平和と公正をすべての人に)については目標達成の評価を得ているのに対して、目標5(ジェンダー平等を実現しよう)、目標13(気候変動に具体的な対策を)、目標14(海の豊かさを守ろう)、目標15(陸の豊かさも守ろう)、目標17(パートナーシップで目標を達成しよう)については主要な課題が残るという低評価でした。

上位3カ国を北欧が、上位15カ国を欧州諸国が独占:

1位スウェーデン(昨年2位)、2位デンマーク(同1位)、フィンランド(同3位)と北欧諸国が占めました。1位のスウェーデンでさえ目標12(つくる責任つかう責任)や目標13については、主要な課題が残ると評価されています。

また、上位15カ国は欧州諸国が独占し、10位までは以下の通りでした。

順位       国                         ポイント              昨年順位

1位        スウェーデン       84.7                     2位

2位        デンマーク           84.6                     1位

3位        フィンランド       83.8                     3位

4位        フランス              81.1                     4位

5位        ドイツ                  80.8                     6位

6位        ノルウェー           80.8                     8位

7位        オーストリア       80.7                     5位

8位        チェコ                  80.6                     7位

9位        オランダ              80.4                     9位

10位      エストニア           80.1                     10位

 

 

参考文献:

Sachs et al. (2020): The Sustainable Development Goals and Covid-19. Sustainable Development Report 2020. Cambridge: Cambridge University Press.

https://s3.amazonaws.com/sustainabledevelopment.report/2020/2020_sustainable_development_report.pdf

 

SDGダッシュボード:

https://dashboards.sdgindex.org/

 

(文責:研究戦略室 金森紀仁)