国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

2018年度 JIRCASの動き

意見交換参加者

国際林業研究センター(CIFOR)ご一行が国際農研をご訪問

平成30年9月28日、国際林業研究センター(CIFOR)の北島薫理事、Dr. Christopher Martius気候変動研究部長/REDD+研究チームリーダー、Mr. John Colmey広報部長、内藤大輔サイエンティストが国際農研をご訪問されました。

生物資源・利用領域の教育研究研修生 劉徳泉氏が 筑波大学大学院生命環境科学研究科学生表彰を受賞

平成30年9月25日、生物資源・利用領域の教育研究研修生 劉徳泉氏が 筑波大学大学院生命環境科学研究科学生表彰を受賞しました。

第45 回熱研市民公開講座

第45回熱研市民公開講座「果樹の品種育成 ~パッションフルーツ新品種『サニーシャイン』~」(9月14日)の開催報告

第45 回熱研市民公開講座「果樹の品種育成 ~パッションフルーツ新品種『サニーシャイン』~」では、果樹の品種改良のための基礎知識としての品種育成方法、最近取り組んでいるパッションフルーツの基本情報、熱研で育成したパッションフルーツ新品種「サニーシャイン」の特性、今後の品種改良の展望などについて説明いたしました。

岩永理事長がモーリタニア農業省の農業大臣を表敬訪問(9月18日)

2018年9月18日に、岩永理事長がモーリタニア農業省のレミナ・ミン・エル・ゴタブ・ウルド・モマ農業大臣を表敬訪問し、同国で実施中の「モーリタニアにおけるサバクトビバッタの予防的防除法の開発」に関する共同研究をはじめとする国際農研の研究活動やモーリタニアにおける農業研究について意見交換を行いました。今回の訪問について現地メディアに取り上げられました。

国際農研岩永理事長がドイツ・ベルリンで開催された農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)理事会に出席

国際農研岩永理事長が2018年9月10~11日にドイツ・ベルリンで開催された農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)理事会に出席しました。

松本成夫地域コーディネータが日本土壌肥料学雑誌論文賞を受賞

研究戦略室の松本成夫地域コーディネータらの論文「わが国の食飼料供給に伴う1992年から2007年までの窒素フローの変遷」に対し、日本土壌肥料学雑誌論文賞(2018年度)が贈られました。

研究戦略室の奥田幸夫氏が農業農村工学会優秀報文賞を受賞

国際農研研究戦略室の奥田幸夫氏(前農村開発領域主任研究員)らの研究報文「ウズベキスタン国の土壌条件下におけるカットドレーンの適用上の課題と対策」(農業農村工学会論文集)が農業農村工学会優秀報文賞を受賞しました。

中国農業農村部副部長が国際農研をご訪問

平成30年8月29日、訪日中の中国農業農村部の屈冬玉副部長が、国際農研を訪問されました。

公式Webサイト掲載データの提供を開始しました

国際農研公式Webサイトの掲載データについて、CSVおよびJSON-LD形式でダウンロードできます。

生物資源・利用領域の藤田泰成主任研究員、圓山恭之進主任研究員にクラリベイト・アナリティクス社の高被引用論文著者の証書が4年連続で授与

国際農研 生物資源・利用領域の藤田泰成主任研究員、圓山恭之進主任研究員に米国クラリベイト・アナリティクス社の高被引用論文著者の証書が4年連続で授与されました。

群馬県立前橋女子高等学校の約40名が国際農研を訪問

平成30年8月10日(金)、群馬県立前橋女子高等学校(SSH:スーパーサイエンスハイスクール指定校)が実施する「つくばサイエンスツアー」の3コースのうち生物コースに参加する38名と先生が国際農研(つくば本所)を訪問しました。

新潟県立長岡高等学校の約40名が国際農研を訪問

平成30年8月7日、スーパーサイエンスハイスクール指定校である新潟県立長岡高等学校の約40名が国際農研を訪問しました。国際農研で推進している不良環境に強い作物の開発などの研究を紹介しました。

各国での国際農研の活動

国際農研では、熱帯及び亜熱帯に属する地域その他開発途上地域で共同研究を行っています。このほど、国ごとにこれらの活動をご覧いただけるページを作成いたしました。

ラオス人民民主共和国首相府ペット・ポムピパック長官ご一行の国際農研訪問

7月11日に、ラオス人民民主共和国の首相府長官ペット・ポムピパック氏が、ヴォンダラー長官夫人、ブンデット・スータヴィライ長官秘書官、リンカム・ドゥアンサワン首相府研究総合局長とともに、国際農研を訪問されました。

南米ボリビアのPROINPA財団のAntonio Gandarillas代表らが国際農研を訪問されました

平成30年7月11日、南米ボリビアのPROINPA財団の代表 Antonio Gandarillas博士、サンアンドレス大学化学系教授Giovanna Almanza博士、同大学生物系教授Isabel Morales博士が、国際農研(つくば本所)を訪問されました。

CSV