「農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)」は、農業分野における温室効果ガス排出量の大幅削減を目指し、2011年に各国政府の合意に基づいて組織された国際研究ネットワークです。2017年8月現在、48か国がGRAに参加しています。

平成29年8月29~30日に、つくば国際会議場(エポカルつくば)で第7回GRA理事会が開催されました。理事会の冒頭、前議長国であるメキシコから日本へGRA議長が引き継がれ、JIRCAS岩永勝理事長が、新しい議長として、二日間のGRA理事会をリードしました。

(写真1)GRA理事会で議長を務める岩永理事長

(写真1)GRA理事会で議長を務める岩永理事長

向かって右はGRA代表のHayden Montgomery氏
(写真2)理事会会場風景

(写真2)理事会会場風景