第5回G20主席農業研究者会議(G20 Meeting of Agricultural Chief Scientists, G20 MACS)への参加

関連プログラム
第4期中長期計画 » 情報収集分析
国名

JIRCASは、G20各国及び国際研究機関の主席農業研究者が集まり、世界における農業研究の優先事項や各国と国際研究機関の連携強化を目的としたG20主席農業研究者会議(G20 MACS)に、第1回2012年のメキシコでの開催から参加しています。

JIRCASは、G20各国及び国際研究機関の主席農業研究者が集まり、世界における農業研究の優先事項や各国と国際研究機関の連携強化を目的としたG20主席農業研究者会議(G20 MACS)に、第1回2012年のメキシコでの開催から参加しています。

第5回となるG20主席農業研究者会議は、2016年のG20ホスト国である中国の主催で2016年5月30日(月)~31日(火)の日程で、西安で開催されました。

岩永勝理事長は、本会議において、国際的枠組みと国内研究勢力の連携の成功事例として、CGIARの主導するコメの世界的プロジェクトGRiSPへのJIRCASのナショナルセンターとしての機能の発揮による連携の成果について、発表しました。

会議には、G20各国の主席農業研究者の他、国際研究機関等から、96名が参加し、日本からは、農林水産技術会議事務局井上龍子研究総務官を始めとする6名が参加しました。議場では、参加各国との幅広い意見交換が行われ、G20主席農業研究者会議コミュニケが取りまとめられ、G20農業大臣会合へ付託されました。

写真1 議場風景(岩永理事長)

写真1 議場風景(岩永理事長)

写真2 発表中の岩永理事長

写真2 発表中の岩永理事長