国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

中国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中国語: 中華人民共和國/中华人民共和国、英: People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、英: China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億5千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

中国農業農村部副部長が国際農研をご訪問

2018-08-29

平成30年8月29日、訪日中の中国農業農村部の屈冬玉副部長が、国際農研を訪問されました。

シンポジウムの総括を述べる小山理事

JIRCAS-CAAS農業科学技術共同研究20周年記念シンポジウム開催報告

2017-07-27

平成29年7月22日、中国・北京にある中国農業科学院(CAAS)本部において、JIRCAS-CAAS国際共同研究20周年記念シンポジウムが開催されました。シンポジウムでは、通算5期にわたる共同研究プロジェクトによる日中双方の農業科学技術発展につながる成果が報告されました。

刊行物

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

報告書番号 出張年月 国名 出張目的 関連プログラム
H31-0314 2019年11月-2019年11月 中国 9th CGIAR System Council 会合への参加 情報収集分析
H31-0347 2019年11月-2019年11月 中国 温帯イネ研究コンソーシアムへの参加 情報収集分析
H31-0250 2019年11月-2019年11月 中国 中国農業科学院主催GLAST2019会議への出席のため
H31-0285 2019年10月-2019年10月 中国 第3回国際サイレージシンポジウム
H31-0149 2019年7月-2019年7月 中国 中国ソバ品種を用いた二次加工性向上のための予備糊化試験 高付加価値化

研究成果情報

  • 中国のトウモロコシ単収に与える投入財価格・量及び環境影響の要因分解 (2014)

    中国のトウモロコシ単収変化に与える投入財価格・量及び環境条件の影響の大きさを、要因分解法と要素需要関数、作物応答モデルを用いて推計する。推計の結果、播種密度低下やカリウム肥料増加の、単収増加への寄与度が大きい。また、播種密度の低下には種子価格の上昇が、化学肥料投入量の増加には資本・家畜費上昇が大きく影響する。

  • 中国半乾燥地酪農小規模層に対する有機野菜栽培導入の経営的効果 (2013)

    中国半乾燥地域の酪農小規模層は、飼料高騰により経営の持続性が困難になりつつあるが、牛ふんの発酵熱等を利用した有機野菜栽培システムを導入することによって、経営状況を改善させることができる。

  • 中国に存在する肥料資源量は食飼料生産にカリウムが不足する (2013)

    中国における化学肥料の利用と中国のし尿、畜頭あたりの1日に排泄する、養分含有率を用いて、肥料資源量と農作物生産量からみかけの養分収支を算出した結果、穀類への化学肥料施肥と穀粒の生産で見た収支は窒素・リン・カリウムとも過剰を示しているが、作物生産全体の収支では窒素とリンの過剰、カリウムが不足する。

  • 食用地衣類を用いた血圧降下作用を有する機能性食品素材の開発 (2013)

    日本や中国の一部地域で食用とされている地衣類バンダイキノリ(Sulcaria sulcata) 及びカブトゴケモドキ(Lobaria kurokawae)を用いることにより、血圧調節酵素レニン及びキマーゼの阻害活性を有し、血圧降下作用を有する機能性食品の開発が可能である。

  • 新疆ウイグル自治区における地元行政主導の定住牧畜民への技術支援対策 (2012)

    中国・新疆ウイグル自治区において推進されている牧畜民の定住事業に関し、地元行政関係者の役割を重視した定住後の牧畜民への総合的かつ体系的な技術支援上の留意点と、パイロットプロジェクトで得られた技術的知見を、現地の技術支援担当者や牧畜民が利用できるよう中国語ガイドライン並びに中国語及びカザフ語の技術マニュアルとして取りまとめたものである。

  • 河北省トウモロコシ単収への気候要因と投入財の影響解明 (2012)

    トウモロコシの重要産地である河北省の2003年~2010年間の4,152戸の農家調査データをベースに、マルチレベルモデル分析を用いてトウモロコシの単収に対する気候要因と投入財の影響を解明した。単収増加への影響は、投入財の影響より気候要因の影響のほうが大きい。

  • 乳酸発酵を用いた伝統的ビーフン製造技術の特徴 (2011)

    中国の発酵型ビーフン製造工程には乳酸菌および酵母が関与している。原料インディカ米の発酵によって生成する乳酸は有害微生物の成育を抑制する。発酵過程で蓄積される乳酸や粘弾特性に負の影響を与える蛋白質・脂質の分解によってビーフンの品質が改善する。