JIRCASプロジェクト「東南アジアにおける反すう家畜からのメタン発生量モニタリング技術および抑制技術の開発」ワークショップ開催報告

関連プログラム
第3期中期計画 » 資源環境管理
国名

2015年2月25日、国際農林水産業研究センター(JIRCAS)とコンケン大学(タイ)の共催で、JIRCASプロジェクト「東南アジアにおける反すう家畜からのメタン発生量モニタリング技術および抑制技術の開発」のこれまでの進捗状況の確認と取りまとめに向けたワークショップを開催しました。

日時
2015年2月25日(水) 9時00分-16時30分
会場
ホテルプルマンコンケン(タイ国コンケン市)
主催・後援等
国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、コンケン大学(共催)

会議概要

JIRCASプロジェクト「東南アジアにおける反すう家畜からのメタン発生量モニタリング技術および抑制技術の開発」のこれまでの進捗状況の確認と取りまとめに向けたワークショップを開催しました。ワークショップにはカウンターパート機関であるコンケン大学およびカントー大学の他、タイ農業・協同組合省畜産局、タイ国内他大学、ディポネゴロ大学(インドネシア)、日本の有識者、およびJIRCAS関係者等約30名が参加しました。会議では添加物による直接的なメタン抑制技術、家畜生産性向上による生産物あたりメタン発生量抑制等に関する報告がなされました。

 また、現行プロジェクトを超えて、これまでJIRCASとの共同研究で蓄積されてきたデータを用いたデータベースの作成について現状の報告と今後のデータ解析について議論されました。