国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

ブルキナファソ

ブルキナファソ(Burkina Faso)は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。 第二次世界大戦後、1960年にオートボルタ(Haute-Volta, 上ボルタ)共和国として独立した。独立後、フランスから離れて非同盟路線を歩み、東側諸国と友好関係を築いたが、1987年以降はフランスとの関係を最重視している。現在の国名ブルキナファソは1984年に旧来の国名のオートボルタから改称された。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

ブルキナファソで肥料製造実証プラントの引き渡し式を開催

ブルキナファソで肥料製造実証プラントの引き渡し式を開催

2019-11-08

2019年10月24日、SATREPSプロジェクト「ブルキナファソ産リン鉱石を用いた施肥栽培促進モデル構築」での肥料製造のための実証プラントがカウンターパート機関である環境農業研究所(INERA)に設置されたことを記念する引き渡し式がワガドゥグ市内で開催されました。

挨拶するJIRCAS代表

サハラ砂漠南縁の国ブルキナファソで国産肥料開発と普及に取り組む:SATREPSプロジェクトキックオフ(6月12日)

2017-07-06

JIRCASは、ブルキナファソ環境農業研究所(INERA)を共同研究機関として、ブルキナファソに産出する低品位リン鉱石を肥料化する技術を開発し、その肥料の普及可能性を評価する研究「ブルキナファソ産リン鉱石を用いた施肥栽培促進モデル構築」を開始しました。

関連する現地の動き

刊行物

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

報告書番号 出張年月 国名 出張目的 関連プログラム
H31-0305 2019年10月-2019年11月 オランダ, ブルキナファソ 1.第2回植物分子生物学国際会議での参加発表、2.圃場実験(ソルガムの生育と土壌特性に及ぼす堆肥とリン鉱石富化堆肥の影響)の収穫と土壌微生物群集の実験室分析 資源・環境管理
H31-0312 2019年11月-2019年11月 エチオピア, ブルキナファソ, モザンビーク プロジェクト流域における家畜生産の現状把握(エチオピア)、ソルガムストーバーサイレージの調製(ブルキナファソ)、可利用飼料資源の入手法と家畜による利用法の検討(モザンビーク) 資源・環境管理, 農産物安定生産
H31-0299 2019年10月-2019年11月 ブルキナファソ, エチオピア ブルキナファソ連絡調整、現地検討会開催、エチオピア関係機関表敬、現地視察 資源・環境管理
H31-0284 2019年9月-2019年10月 ブルキナファソ 現地に設置する肥料製造パイロットプラントの整備及び試運転 資源・環境管理
H31-0338 2019年11月-2019年11月 ブルキナファソ 1.ブルキナファソ環境農業研究所(INERA)サリア支所での圃場試験に関わるデータの回収と観測機器のメンテナンス、2.INERAサリア支所での侵食試験に関わるデータの回収と観測機器のメンテナンス及び各土壌型で提案された最適な肥培管理法のon-farm検証試験に関わるデータの回収、3.INERAサリア支所でのササゲ圃場試験に関わるデータの回収 資源・環境管理, 農産物安定生産

研究成果情報