国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

Pick Up

10. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 中央サヘル地域における人道・食料危機:ブルキナファソのケース

2020-04-06

2020年4月2日、国連世界食糧計画(WFP)は、ブルキナファソ・マリ・ニジェールを中心とする中央サヘル地域の食料不安が「制御不能になりつつある」と強い懸念を表明しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 対応による制限は人道的援助のサプライチェーンに影響を及ぼし、6-9月の収穫前季節(lean season)を前に、500万人以上の人々が深刻な食料不足に直面するとしています。

ブルキナファソは西アフリカに位置する内陸国で、人口約1900万人、農業が労働人口の多数やGDPの35%を占めます(外務省)。世界銀行の分類で低所得国とされ、1日1.9ドル以下で暮らす人口は44%(2014年、WDI)、人間開発指数では189か国中182番目(2018、HDR)です。度重なる干ばつと過激派の活動により、治安が近年急速に悪化しており、1年半前には殆ど存在しなかった国内避難民 (internally displaced populations: IDPs)が現在80万人以上と推定されています(WFP)。

ブルキナファソでは、今年3月10日に最初の感染者が確認されました。その後感染者は急速に増加し、3月18日には最初の死者が確認され、閣僚も次々と感染、同23日には感染者100名を超え、同30日には死者12名となりサブサハラアフリカ最も死亡者数の多い国となりました。4月5日現在で感染者数302名、死者15名(サブサハラアフリカではコンゴ民主共和国の16名に次いで死亡者数2位)となっています(WHO)。

夜間外出禁止や学校の閉鎖、国際便の停止等の対策が行われてはいますが、感染の拡大は止まりません。ブルキナファソでは治安悪化により過去12か月間に全国135のヘルスセンターが閉鎖され、医療制度が弱体化しています(The New Humanitarian)。食料関連では、学校閉鎖によって給食が唯一の栄養源だった児童への影響が懸念されます(共同通信社)。さらに移動制限によって物流が滞り外部からの援助も受けられなくなることで、WFPは、ブルキナファソでは今年6月までに食料安全保障の危機に直面する人口が、昨年同時期の68万人から210万人以上と3倍に達するというのではと予測、国際社会による緊急支援を要請しました。

国際農研はブルキナファソの農村で隔月の農家調査を行っており、食事や栄養についての分析を進めています。ブルキナファソでは、ソルガムやミレットなどの雑穀、トウモロコシ、豆類、イモ類、コメ、バゲット等多くの種類の主食が存在します。地域によって差はありますが、一般的に9月ごろからササゲ(豆の種類の1つ)などの収穫が始まり、10-11月頃から他の主要穀物の収穫が行われます。食料・栄養安全保障には季節性があり、空腹を感じる時期のピークは8月で、実際に栄養素の供給量が少ないことが予備段階の結果として明らかになってきています。

国際農研では現在、ブルキナファソにおいて3つのプロジェクト(国産肥料開発、土壌保全型農業技術開発、地域作物であるササゲの活用)を行っています。カウンターパートとは長年の信頼関係を築いており、昨今の治安悪化のなかでも、できる限りのことを協力しつつ進めてきました。今後も農業や能力開発など、さらなる協力を行っていく所存です。

 

参考文献

WFP HP. Burkina Faso crisis and COVID-19 concerns highlight pressure on Sahel food security https://news.un.org/en/story/2020/04/1060942 Accessed on April 6, 2020.

外務省, ブルキナファソ基礎データ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/burkina/index.html
accessed on April 6, 2020

World Bank, WDI (World Development Indicator)
https://databank.worldbank.org/source/world-development-indicators
accessed on April 6, 2020

UNDP, HDR (Human Development Reports)
http://hdr.undp.org/en/2019-report
accessed on April 6, 2020

WHO Coronavirus disease 2019 (COVID-19) Situation Report
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports
accessed on April 6, 2020

The New Humanitarian “Coronavirus in crisis-hit Burkina Faso: Healthcare centres close as cases rise”
https://www.thenewhumanitarian.org/2020/03/30/burkina-faso-coronavirus-crisis
Accessed on April 6, 2020

共同通信社「550万人に食料危機拡大の恐れ 西アフリカ、感染拡大で拍車 」2020/4/4. https://this.kiji.is/619072108733973601  accessed on April 4, 2020.

 

(文責:研究戦略室 白鳥佐紀子、生産環境・畜産領域 南雲不二男)

Farm in Burkina Faso

Local market in Burkina Faso

Cowpeas (beans), an important protein source, are harvested in September