水産研究・教育機構の中山一郎理事長らが国際農研を訪問

令和3年5月20日(木)、国立研究開発法人 水産研究・教育機構(以下、水研機構)の中山理事長らが国際農研を訪問され、小山理事長をはじめとする国際農研職員と意見交換を行いました。本年4月に就任した両理事長は、新たに始まった第5期中長期計画に対応した組織の新体制についてお互いに紹介しました。

令和3年5月20日(木)、国立研究開発法人 水産研究・教育機構(以下、水研機構)の中山理事長らが国際農研を訪問され、小山理事長をはじめとする国際農研職員と意見交換を行いました。本年4月に就任した両理事長は、新たに始まった第5期中長期計画に対応した組織の新体制についてお互いに紹介しました。

水産分野は、国際農研の重要な研究分野です。また、水研機構も、国際農研が東南アジア諸国で実施している水産業研究の成果や現地情報を重要視されています。今回の訪問を契機に、これまで以上に連携・協力を深めていく考えで一致しました。

両理事長のグータッチ(左:小山理事長、右:中山理事長)

両理事長のグータッチ(左:小山理事長、右:中山理事長)