今期中期計画における「農村活性化プログラム」の研究成果に対する感謝を表すため、2015年12月14日に、齋藤昌義プログラムディレクターをはじめとする研究職員(食料資源プロジェクトから中原和彦プロジェクトリーダー、吉橋忠主任研究員、アジアバイオマスプロジェクトから小杉昭彦プロジェクトリーダー、荒井隆益主任研究員)が、カセサート大学副学長Siree Chaiseri准教授を表敬訪問しました。

 Chaiseri准教授はカセサート大学の学務及び学術・研究分野の管理責任者でもあります。齋藤プログラムディレクターからChaiseri准教授に、JIRCASとの長年の交流の歴史と今中期計画における研究成果に関する説明があり、数多くの成果に対する協力への感謝が述べられました。同准教授からは、カセサート大学を代表し、JIRCASとのこれまで長年にわたる研究パートナーシップへの感謝と、研究を通じより一層の関係強化に期待したいとの言及がありました。