「自然沼の水資源を利用した乾期野菜栽培の促進手法の提案プロジェクト」JIRCAS調査団がニジェール国農業省大臣から感謝状を受領

関連プログラム
第3期中期計画 » 資源環境管理

アフリカサバンナ農業IIの「自然沼の水資源を利用した乾期野菜栽培の促進手法の提案プロジェクト」について、JIRCAS調査団がニジェール国農業省大臣から感謝状を受領しました。

アフリカサバンナ農業IIの「自然沼の水資源を利用した乾期野菜栽培の促進手法の提案プロジェクト」について、JIRCAS調査団がニジェール国農業省大臣から感謝状を受領しました。

  • 日時:2011年11月1日(火) 16:30(現地調査最終日)
  • 場所:ニジェール国 農業省次官室
  • 概要:

 JIRCASは2007年から5カ年にわたり、ニジェール国において「自然沼の水資源を利用した乾期野菜栽培の促進手法の提案」するプロジェクトに取り組んできました。2011年10月27日には、このプロジェクトの活動を取りまとめた最終成果物を関係者間に広く周知する広報セミナーを開催し、現地での活動を終了しました。
 調査の最終日には、この調査に対して大臣表彰したい旨の連絡を農業省の担当者から受け、急きょ、次官と面会することになりました。次官から、JIRCASの活動に対する謝辞があり、当方調査団の活動結果により、ニジェール国における野菜栽培が推進されることとなり、ひいては貧困削減や砂漠化防止に貢献するであろうことに対して、感謝を表す大臣名の感謝状が授与されました。
 また、JIRCASに引き続きニジェール国での活動を期待するとの発言もありました。

農業省次官との面談

農業省次官との面談

農業大臣名の感謝状

農業大臣名の感謝状