ニジェール

ニジェール共和国(ニジェールきょうわこく、République du Niger)、通称ニジェールは、西アフリカのサハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する共和制国家。首都はニアメ。内陸国であり、アルジェリア、マリ、ブルキナファソ、ベナン、ナイジェリア、チャド、リビアと隣接する。(DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

イスフ・ニジェール共和国大統領と岩永理事長によるバイ会談

令和元年8月28日(水)から30日(金)に、横浜で開催されるアフリカ開発会議(TICAD7)への出席のために来日中のニジェール共和国のイスフ・マハマドゥ(Issoufou Mahamadou)大統領閣下の要請により、8月27日(火)に岩永理事長との二者会談が行われ、ニジェールの食料安全保障を達成しうる農業開発のために有用な研究協力について、協議されました。

ニジェール共和国のアバニ・サニ外務・協力事務次官が国際農研をご訪問

平成31年2月21日、ニジェール共和国のイブラヒム・アバニ・サニ外務・協力・アフリカ統合・在外ニジェール人省事務次官が国際農研をご訪問されました。

関連する現地の動き

刊行物

JIRCASニュース(87)

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター, JIRCASニュース. 87 ( )

jircas_news-87_-.pdf2.98 MB

JIRCAS Newsletter(87)

Japan International Research Center for Agricultural Sciences, JIRCAS Newsletter. 87 ( )

jircas_newsletter-87_-.pdf2.38 MB

Conservation de la Végétation - Une technique de plantation d’arbre -

REPUBLIQUE DU NIGER MINISTERE DE L’AGRICULTURE DIRECTION DES ETUDES ET DE LA PROGRAMMATION, Japan International Research Center for Agricultural Sciences, マニュアル・ガイドライン. ( )

manual_guideline-_-.pdf3.48 MB

Une utilisation efficace de la technique de microdose d’engrais

REPUBLIQUE DU NIGER MINISTERE DE L’AGRICULTURE DIRECTION DES ETUDES ET DE LA PROGRAMMATION, Japan International Research Center for Agricultural Sciences, マニュアル・ガイドライン. ( )

manual_guideline-_-.pdf1.7 MB

Guide pour la Gestion et la Conservation des Ressources Naturelle, 2012

REPUBLIQUE DU NIGER MINISTERE DE L’AGRICULTURE DIRECTION DES ETUDES ET DE LA PROGRAMMATION, Japan International Research Center for Agricultural Sciences, マニュアル・ガイドライン. ( )

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

研究成果情報

  • マリ、ニジェールにおける自然資源保全管理のためのガイドラインの整備(2012)

    マリ、ニジェールの自然資源が劣化しつつある地域において、土地や植生を保全し農業の持続性を図るため、住民組織や地方行政が一体となって行う自然資源保全管理手法をガイドラインと技術マニュアルに取りまとめている。これらは地方行政官が村落住民と共に保全活動を行う際の手引き書として活用される。

  • マリ、ニジェールにおける自然資源保全管理のためのガイドラインの整備(2012)

    マリ、ニジェールの自然資源が劣化しつつある地域において、土地や植生を保全し農業の持続性を図るため、住民組織や地方行政が一体となって行う自然資源保全管理手法をガイドラインと技術マニュアルに取りまとめている。これらは地方行政官が村落住民と共に保全活動を行う際の手引き書として活用される。

  • 限られた水資源を利活用した乾期野菜栽培促進のためのマニュアル(2011)

    ニジェール国において限られた水資源を利活用し乾期の野菜栽培を促進する手法を、実証調査の結果に基づき、組織化、家畜の食害対策、栽培技術の改善の分野から、農業省調査計画局と協力し、取りまとめたマニュアルである。

  • 限られた水資源を利活用した乾期野菜栽培促進のためのマニュアル(2011)

    ニジェール国において限られた水資源を利活用し乾期の野菜栽培を促進する手法を、実証調査の結果に基づき、組織化、家畜の食害対策、栽培技術の改善の分野から、農業省調査計画局と協力し、取りまとめたマニュアルである。

  • 協同組合の設立と運営のためのマニュアル(2010)

    このマニュアルは、ニジェール国農業畜産省農民組織化・推進局と共同で作成されており、協同組合設置に関する各種法令に基づいた、汎用性があり、かつ実践的な内容となっている。協同組合の設立と運営のための原則的な考え方と手続きが、このマニュアルのみで理解できる。

  • 協同組合の設立と運営のためのマニュアル(2010)

    このマニュアルは、ニジェール国農業畜産省農民組織化・推進局と共同で作成されており、協同組合設置に関する各種法令に基づいた、汎用性があり、かつ実践的な内容となっている。協同組合の設立と運営のための原則的な考え方と手続きが、このマニュアルのみで理解できる。

  • 西アフリカ・サヘル地域の農村における農地-集落系の窒素フローの評価(2009)

    西アフリカ・サヘル地域では、農地から村に持ち込まれる収穫窒素物の66%は粗放管理畑に依存しているが、粗放管理畑への窒素供給は風成塵のみであり、窒素投入量から窒素持ち出し量を差し引いた値はマイナスである。一方、村からの廃棄物、家畜糞尿、屎尿は全て村に近い畑に投入されるため、これらの畑では4~13 t N 年-1(7~245 kg N ha-1 年-1)の窒素過剰となり、系内に窒素の偏りが生じ、少ない窒素資源が効率的に利用されていない。

  • 西アフリカ・サヘル地域の農村における農地-集落系の窒素フローの評価(2009)

    西アフリカ・サヘル地域では、農地から村に持ち込まれる収穫窒素物の66%は粗放管理畑に依存しているが、粗放管理畑への窒素供給は風成塵のみであり、窒素投入量から窒素持ち出し量を差し引いた値はマイナスである。一方、村からの廃棄物、家畜糞尿、屎尿は全て村に近い畑に投入されるため、これらの畑では4~13 t N 年-1(7~245 kg N ha-1 年-1)の窒素過剰となり、系内に窒素の偏りが生じ、少ない窒素資源が効率的に利用されていない。

  • 西アフリカ・サヘル地域における持続的作物生産のための有機物資材の必要投入量は0.8 t C ha-1である(2009)

    西アフリカ・サヘル地域における土壌有機物動態の予測に対し、既存の土壌有機物動態モデルRothamsted Carbon Modelの予測精度は、調査した全ての土壌管理技術において概ね良好であり、土壌有機物動態の長期的予測は可能である。検証したモデルによれば、持続的作物生産のための有機質資材の必要投入量は約0.8 t C ha-1である。

  • 西アフリカ・サヘル地域における持続的作物生産のための有機物資材の必要投入量は0.8 t C ha-1である(2009)

    西アフリカ・サヘル地域における土壌有機物動態の予測に対し、既存の土壌有機物動態モデルRothamsted Carbon Modelの予測精度は、調査した全ての土壌管理技術において概ね良好であり、土壌有機物動態の長期的予測は可能である。検証したモデルによれば、持続的作物生産のための有機質資材の必要投入量は約0.8 t C ha-1である。