8月26日、総理の経済ミッションの一員としてTICAD VI出席のため、ケニア共和国を訪問中の岩永理事長が、ギニア共和国大統領アルファ・コンデ博士閣下(Honorable Président , Professeur Alpha Condé)からの招きにより、同地で二者間の会談を行いました。

会談では、コンデ大統領から稲作を中心とする農業の振興により、食料安全保障の強化と隣国へのコメ輸出による経済発展は国家の最重要政策であり、これからもコメの研究で最先端技術を有するJIRCASの協力を得たいとの要望がありました。

岩永理事長(左)とコンデ大統領(右)

岩永理事長(左)とコンデ大統領(右)