TICAD VIのサイドイベント~ケニア国ナイロビにて~

 8月26日(金)、世界銀行がTICAD VIのサイドイベントとして開催した「サブサハラアフリカ地域の農業・食糧の将来:これまでの進捗と今後」に関するハイレベルディスカッションに岩永理事長がパネリストとして参加しました。
パネリストは、アフリカ開発銀行総裁、FAO総裁、IFAD総裁、ルワンダ農業大臣等、アフリカの農業開発の中心的役割を担う組織の代表で、さらなる研究開発の重要性について力説されていました。

ハイレベルディスカッションの様子

ハイレベルディスカッションの様子

左から、アフリカ開発銀行総裁、岩永理事長、米国USAID局長、IFAD総裁、FAO事務局長