第6回世界水フォーラム日本パビリオンへの出展報告

国名

平成24年3月12日(月)~17日(土)にフランス国マルセイユ市で「水問題解決の時」を主要テーマとして第6回世界水フォーラムが開催されました。世界水フォーラムは世界の水問題を討議し、解決するために3年に1回、3月22日「世界水の日」と同じ時期に、各国政府機関、国際機関、研究機関、民間、NGO等が一同に会して開催される世界最大の水に関する国際会議です。日本パビリオンでは、産学官合計15団体によるブースの出展やパビリオン中央の共有スペースで10団体によるイベントの開催が行われました。 JIRCASは、この日本パビリオンに出展し、世界の水問題解決に向けた技術や研究等について、パネル展示を通じて情報発信しました。

日時
2012年3月12日(月)~17日(土)
場所
フランス国マルセイユ市

概要

平成24年3月12日(月)~17日(土)にフランス国マルセイユ市で「水問題解決の時」を主要テーマとして第6回世界水フォーラムが開催されました。世界水フォーラムは世界の水問題を討議し、解決するために3年に1回、3月22日「世界水の日」と同じ時期に、各国政府機関、国際機関、研究機関、民間、NGO等が一同に会して開催される世界最大の水に関する国際会議です。日本パビリオンでは、産学官合計15団体によるブースの出展やパビリオン中央の共有スペースで10団体によるイベントの開催が行われました。 JIRCASは、この日本パビリオンに出展し、世界の水問題解決に向けた技術や研究等について、パネル展示を通じて情報発信しました。JIRCAS全体概要、及び、「島嶼環境保全」、「低コスト水利施設」、「農地塩害対策」、「節水水稲作によるメタン排出削減」等のプロジェクト内容をポスターにとりまとめ紹介を行いました。JIRCASは、今後とも世界の水問題の解決に貢献していくことを、フランスを中心とするヨーロッパやアフリカ諸国等からの来訪者約500人に対してアピールしました。

奥田建国土交通副大臣への説明

森喜朗元総理大臣(アジア・太平洋水フォーラム会長)への説明

ポスター(島嶼環境保全プロジェクト)の説明を受けるアフリカからの参加者

JIRCAS展示の説明を受ける参加者