乾燥地草原保全プロジェクト講演会「内陸アジア遊牧民の乳利用」の報告

関連プログラム
第3期中期計画 » 資源環境管理

JIRCASの乾燥地草原保全プロジェクトの研究課題「付加価値の高い乳製品の開発」の共同研究者である酪農学園大学農食環境学群石井智美教授に、「内陸アジア遊牧民の乳利用」についての御講演をしていただきました。

日時
2011年12月27日(火) 13:30-15:00
場所
JIRCAS国際会議室

講演概要

JIRCASの乾燥地草原保全プロジェクトの研究課題「付加価値の高い乳製品の開発」の共同研究者である酪農学園大学農食環境学群石井智美教授に、「内陸アジア遊牧民の乳利用」についての御講演をしていただきました。
講演では、石井先生が現地調査を行われたモンゴル国、キルギス、カザフスタンの遊牧民の乳製品を中心とした食生活、家畜の利用方法についての紹介や、特に御専門とされる馬乳酒についての詳細な研究成果の御報告が行われました。

講演会の様子

馬乳酒を楽しむ風景(講演資料から)