Pick Up

414.「JIRCAS国際シンポジウム2021」をオンライン開催 ―アジアモンスーン地域の持続的な食料システム実現に向けて―

関連プログラム
情報

 

414.「JIRCAS国際シンポジウム2021」をオンライン開催
―アジアモンスーン地域の持続的な食料システム実現に向けて―


SDGsや環境に対して関心が高い世界の国々では、経済と環境をイノベーションで両立させる方向に動き始めています。我が国においても、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現するため、農林水産省は、令和3年5月12日に「みどりの食料システム戦略」を策定しました。

このPick Upでは既に何度かお伝えしていますが、国際農研は、JIRCAS国際シンポジウム2021『アジアモンスーン地域における持続的な食料システム実現に向けたイノベーション―「みどりの食料システム戦略」に資する国際連携に向けたプラットフォーム―』を、11月17日にオンライン開催します。

本シンポジウムでは、世界の農業分野で活躍する国際機関、農業研究機関、開発機関の専門家に登壇していただき、アジアモンスーン地域における農業生産性の向上と持続性を両立するイノベーションを探り、「みどりの食料システム戦略」に資する連携プラットフォームのあり方について議論します。持続的な食料システムの実現に向けて、研究機関や大学の関係者、さらに環境に関心を持つ一般の方と共に考える場を提供します。

国際シンポジウムの開催

1. 開催日時:令和3年11月17日(水)14:00~16:15
2. 開催方法:オンライン(YouTube JIRCAS channelよりライブ配信)
3. 申込方法:国際農研のホームページからお申し込み下さい。
         URL: https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2021/e20211117/entry
        (申込締切:令和3年11月16日(火)午前9時)
4. 使用言語:英語(日本語字幕あり)
5. 参加費:無料(どなたでも参加できます)

 

【プログラム】
1.    開会挨拶
小山  修(国際農研 理事長)
青山 豊久(農林水産省 農林水産技術会議事務局長)

2.    基調講演(2名)
Prof. Joachim von BRAUN(国連食料システムサミット 科学グループ座長)
世界と地域のフードシステムの変革を支える研究のプライオリティー
大澤  誠(農林水産省 前 農林水産審議官)
国連食料システムサミットは第一歩に過ぎない

3.    講演(5名)
Sridhar DHARMAPURI(FAOアジア太平洋地域事務所 食料安全保障・栄養問題
シニアオフィサー)
アジア太平洋地域におけるアグリフードシステム転換
Jon HELLIN(国際稲研究所 稲作システムを通じた持続的インパクトプラット
フォームリーダー)
アジアモンスーン地域の農民による変革的な気候適応・緩和の機会創出
植田 康成(国際協力機構 経済開発部 技術審議役)
アジアモンスーン地域での農業農村開発分野の重点的な取組
白戸 康人(農研機構 農業環境研究部門 気候変動緩和策研究領域長)
賢い土壌管理で一石三鳥を実現~食料の安定生産、気候変動への適応、そして緩和
林  慶一(国際農研 環境プログラムディレクター)
アジアモンスーン地域の持続可能なフードシステムに向けた小規模農家への取り組み

4.    パネルディスカッション
進行役:飯山 みゆき(国際農研 情報プログラムディレクター)

5.    閉会挨拶
山本 由紀代(国際農研 理事)

(文責:情報広報室 金森紀仁、 大森圭祐)