令和元年11月13日(水)、アルファハウス(ネパール、カトマンズ)において岩永国際農研理事長とグルンNARC局長による包括的研究協力覚書の署名が行われました。両機関では、伝統的発酵食品に関する研究を含め、幅広い分野での連携を深めてゆくことが合意されました。

署名式は、岩永理事長の他、日本側から西郷正道駐ネパール大使、中田峰示農林水産省審議官、ネパール側からグルン局長など多くの政府関係者等が参加し、行われました。

MOU署名については、現地紙でも報道されました。

MOUに署名するグルンNARC局長と岩永理事長(写真提供:農林水産技術会議事務局)

今後の幅広い研究協力が期待されます(写真提供:農林水産技術会議事務局)