国際農林水産業研究センター(JIRCAS)熱帯・島嶼研究拠点(熱研)の技術専門職員の島尻勝人と識名安輝の2名が、業績名「安価で作業性に優れる平張りネットハウスの改良」により、平成27年4月7日に同年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(創意工夫功労者賞)を受賞いたしました。この度、平成27年5月21日に同賞の受賞伝達式を熱帯・島嶼研究拠点において執り行い、小山修理事から受章者2名へ賞状と副賞を伝達いたしました。これを励みに、お二人にはさらなる職務への貢献が期待されます。

同受賞伝達式には石垣市在住の報道機関4社の記者の取材もあり、伝達式とその後の平張りネットハウスの見学・説明において活発な質疑応答がありました。また、その後も石垣市の農家や沖縄本島の農家から問い合わせがあり、5月27日(水)10:00~11:00に熱研(石垣市)において「平張りネットハウスの見学・説明会」を開催することになりました。

なお、同受賞伝達式については下記のテレビ・新聞にて報道がありました。 
1.  八重山毎日新聞2015年5月22日(金)朝刊第1面「平張りハウス改良で文科大臣賞 熱研の島尻、識名さん」 
2.  沖縄タイムス2015年5月22日(金)朝刊第8面「平張りハウスで大臣賞 熱研の島尻・識名さん 既成資材で安価に」
3. 石垣ケーブルテレビのニュース番組2015年5月21日(木)19:30「ICTやえやまナウ」