国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

Pick Up

43. 新型コロナウイルス・パンデミック - FAO: 食料危機におけるCOVID-19のインパクトに対応せよ

2020-05-19

2020年5月18日、国連食糧農業機関 (FAO) は、「2020年4-12月期 食料危機におけるCOVID-19のインパクトに対応せよ (Addressing the impacts of COVID-19 in food crises April–December 2020) 」報告書を公表、国際社会による緊急支援の必要性を訴えました。以下、HP記事から内容を紹介します。

4月に公表された2020年版食料危機グローバル報告書 (Global Report on Food Crises) は、COVID-19前の2019年に食料危機に置かれていると推定された1.35憶人に加え、1.83憶人が食料問題に直面するとし、迫りくる危機の深刻さについて警告しました。食料危機の状況下でパンデミックが進行すると、都市・農村の双方で食料のアベイラビリティとアクセスが同時に滞り、複数の地域が同時に飢饉に陥る可能性も現実的に懸念されています。COVID-19パンデミック前には、2700万人が緊急支援が必要な状況にありましたが、これらの人々はパンデミックの直接・間接的な影響で壊滅的な影響を受けかねません。ナイジェリア北西部、南スーダン、イエメンでは、パンデミックの影響で飢饉に直面しかねず、ソマリアでは、2020年初めと比較し、食料危機状態の人々が3倍増の350万人に達すると予想されています。

食料危機の回避あるいは悪化を食い止めるために、保健医療危機の解決を待ってはいられず、予備的な措置によって生活を守り、食料へのアクセスを改善しなければなりません。とりわけ紛争や気候変動・経済危機により既に食料危機を経験している地域では時間を無駄にする余地はありません。こうした地域では80%近くの人々が何らかの形で農業に依存しています。イエメンのような輸入に過度に依存しているような国でさえ、現地生産の食料は人々のニーズ、とりわけ栄養の多様性維持に重要な役割を果たしています。現地ごとの事情やパンデミックの進展により、農村の脆弱な人々が直面する課題は異なりますが、次のリスクは共通です。市場へのアクセス制限と所得減による種子や肥料など投入財へのアクセス制約の結果としての作付への影響;季節労働者の不足による収穫への影響;移動規制による市場への出荷の滞り;ロックダウン、社会的距離、購買力の低下による市場への影響。

これら課題に対しては緊急対応が必要です。ウイルスとの戦いの間も、農作業、放牧地と水を求める家畜の移動、収穫、などの活動を止めることはできません。(農業への)支援なしに、多くの脆弱な人々は生き延びるためだけの人道支援に依存せざるを得ません。農業で生活を立てている数百万人の人々の尊厳を守る上でも、先立って最悪の状況を回避するための行動を起こすことが費用効果的であるのみならず、人道的でもあります。

グローバルCOVID-19人道支援プラン(The Global COVID-19 Humanitarian Response Plan)は、COVID-19による非保健医療部門への緊急支援にも対応できるように調整中です。 とりわけ食料安全保障分野への配分は、全体の16憶米ドル資金でも、最も大きなコンポーネントとなっています。このうち、COVID-19による新たな課題に対応しつつ、既に危機が起こっている地域の重点的支援のために、FAOは3.5憶ドルを要請しています。

FAOはグローバル・地域・国レベルにおいて、次の4つの活動に焦点を当てることにしています。

  • エビデンスに基づくプログラム実施を行うために、データ収集・分析を行うためのグローバルデータファシリテイの強化。データファシリテイは、世界食糧計画(WFP)などのパートナー(the global Food Security Cluster and the Global Network Against Food Crises partnership)との緊密な連携により展開。
  • 最も緊急な食料安全保障の危機に陥っている人々を対象とした、所得・食料アクセスの安定化、生活保護・食料生産支援の提供。
  • 最も脆弱な人々に対するフードサプライチェーンの維持。
  • 世界保健機関(WHO)や各国政府との協力による意識向上・コミュニティ動員を通じた、COVID-19感染リスクからのフードチェーンに関わる人々を保護

 

参考文献

FAO Coronavirus disease 2019 (COVID-19) Addressing the impacts of COVID-19 in food crises April–December 2020 MAY UPDATE http://www.fao.org/emergencies/appeals/detail/en/c/1276086/ (HP記事)    http://www.fao.org/3/ca9192en/ca9192en.pdf (レポートPDF)

Pick Up 22. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 飢餓のパンデミック https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/blog/20200423

(文責:研究戦略室 飯山みゆき)