Pick Up

657.世界人口80億人突破!

関連プログラム
情報


657.世界人口80億人突破!

明日、2022年11月15日は何の日かご存じですか?

実は世界の人口が80億人に到達すると推定されている日なのです。世界人口の動向を知ることは、気候変動に強靭で、現在および将来世代を支える環境と生物多様性を保全しつつ、誰も取り残さずに栄養に富む食の供給を可能にする食料システムを構築する努力を含め、国際的に持続的な開発を計画するうえで欠かせません。 

今日のPick Upでは、これまでの世界人口の記事をまとめました。各ページでは、世界人口の詳しい情報を見ることができます。

 

333. 7月11日は世界人口デー
https://www.jircas.go.jp/ja/program/proc/blog/20210708_0
1987年の7月11日に世界の人口が50億人を超えたことから、1990年に国連総会で国際デーとして決議されました。2021年の世界人口は78億7500万人。2030年に85億人、2050年には97億人、2100年には109億人に達すると予測されています。本文では人口上位15カ国の推移が動画として見ることができます。

575. 世界人口デー ~世界各国の人口推移を見てみよう~
https://www.jircas.go.jp/ja/program/proc/blog/20220708
国際連合人口基金によると、2022年の世界人口は79億5400万人で、昨年に比べ7900万人増加と報告しています。7月11日の世界人口デーに合わせて、世界各国の人口推移が分かるダッシュボードを作成しました。世界各国・地域のこれまでの人口や今後の人口の推移を確認してみてはいかがでしょうか。

578. 国際連合「世界人口予測2022」報告書 ~2022年11月15日、80億人到達と予測~
https://www.jircas.go.jp/ja/program/proc/blog/20220713
国連は7月11日の世界人口デーに合わせて、「世界人口予測2022」報告書を公表しました。報告では、世界の人口は2022年11月15日に80億人に達すると予測しています。この80億人到達は、祝福すべきことであると同時に、今後人類が直面する課題への解決策を見出すための呼びかけでもあるとしています。

 


【世界人口年表および主な出来事】

1804年    10億人
    ナポレオン・ボナパルトがフランス皇帝に就任

1927年    20億人
    日本で初めてハマチの養殖が行われる。(ちなみに、11月22日(火)に開催予定のJIRCAS国際シンポジウム2022*は、零細漁業と養殖の国際年にちなんで、持続可能な食料システムにおける零細漁業と養殖業の役割、をテーマとしています。)

1959年    30億人
    皇太子明仁親王と正田美智子様が結婚

1974年    40億人 ←1974年を世界人口年に指定
    第1回 国連人口会議開催

1986年    50億人(7月11日) ←世界人口デーの起源
    先進国首脳会議(東京サミット)開催

1998年    60億人(1999年10月12日達成と言われていたが、後日1998年に訂正)
    長野オリンピック

2011年    70億人(10月31日)
    世界のインターネット利用者20億人、携帯電話の契約件数50億件を超える

2022年    80億人(11月15日)

 

JIRCAS国際シンポジウム2022
持続可能な食料システムにおける零細漁業と養殖業の役割
主催    国際農林水産業研究センター(国際農研;JIRCAS)
開催日    2022年11月22日(火)13:00~16:15 
場所    ハイブリッド(場所:一橋大学一橋講堂、会場人数は150名までを予定)
参加登録 https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2022/e20221122_jircas

 

(情報広報室 金森紀仁)