Pick Up

603. アジア・アフリカ テクノロジー・ショーケース

関連プログラム
環境 食料 情報

 

603. アジア・アフリカ テクノロジー・ショーケース

国際農研は、熱帯及び亜熱帯に属する地域その他開発途上地域における農林水産業に関する技術向上のための試験研究を行い、同時に、これらの地域における農林水産業に関する国内外の資料の収集・整理から、分析結果の提供までを行うことで、世界の食料問題、環境問題の解決及び農林水産物の安定供給等に貢献することを目指しています。

このたび、近年国際農研が実施した共同研究の成果を中心に、アジアモンスーン地域およびサブサハラ地域での活用が期待される持続可能な食料システムの構築に貢献しうる技術をとりまとめました。


テクノロジー・ショーケース ― アジアモンスーン地域 ―
https://www.jircas.go.jp/sites/default/files/JIRCAS_TechShowcase_jp.pdf

テクノロジー・ショーケース ― サブサハラアフリカ ―
https://www.jircas.go.jp/sites/default/files/JIRCAS_TechShowcase_Sub-Sa…

 

言うまでもなく、持続可能な食料システムの構築には万能(one-size-fits all)の解決策はなく、基本的な技術が開発されていても、実装のためには環境の異なる国・地域ごとに技術の最適化や調整が必要です。本ショーケースに掲載される技術が、アジアモンスーン地域およびサブサハラ・アフリカ地域の行政官、研究者、普及担当、農業者、民間セクターを含む多様な関係者の参考となり、食料システムの変革の一助となれば幸いです。

(文責:国際農研 環境プログラム 林慶一・ 食料プログラム 中島一雄・ 情報プログラム 飯山みゆき、国際農研 有志)