国際農研におけるオープンデータに関する取り組みが、LODチャレンジJapan実行委員会が主催する「Linked Open DataチャレンジJapan2018」にて「公共LOD賞」を受賞いたしました。

LODチャレンジは、オープンデータを “つなげる” ことによる新しい価値の創造を目指して、データセット部門やアプリケーション部門など、5部門において作品を募集し、優れた作品を表彰する毎年開催されているコンテストで、今年で8回目になります。

国際農研では、政府が進めるオープンデータの取り組みに資するため、公式Webサイトに掲載した情報を再利用が容易な形でオープンデータとして2018年8月より公開しております。現在は、JIRCASの動き、現地の動き、イベント・シンポジウム、刊行物、出張報告書、研究成果情報、調達情報(入札公告)がCSVおよびJSON-LD形式でダウンロードできます。
このような国際農研における取り組みが、自治体以外の公的機関のオープンデータ推進の指針になりうるものとして評価をいただきました。

授賞式シンポジウムは、2018年12月8日(土) に「LODチャレンジ2018シンポジウム-つながるオープンデータ最新事例大集合-」としてヤフー株式会社 オープンコラボレーションスペース「LODGE」にて開催されます。国際農研からも出席し、デモ展示と受賞作品の紹介を行う予定です。

参考