Pick Up

164. アフリカにおける気候変動の影響

関連プログラム
情報収集分析

 

2020年10月26日、国連世界気象機関 (WMO)は、「アフリカの気候状況 2019 - State of the Climate in Africa 2019」報告書を発表、アフリカにおいて、気温上昇・海面上昇・降雨パターンの変化・極端気象の増加などにあらわれる気候変動が次第に人々の健康、食料・水安全保障と社会経済開発を脅かしていると警告を鳴らしました。

2019年だけでも、多くの極端気象が観察されました。モザンビーク海峡で発生したサイクローン・イダイは、南半球で史上最大級の被害をもたらしました。南部アフリカ地域においては、広域の干ばつが起こりましたが、対照的に、アフリカの角地域では、2018年の乾燥状況から2019年には大雨による洪水や土砂崩れを経験しました。洪水はサヘルとその周辺地域にも影響を与えました。ちなみに、2020年10月15日付のNature記事によると、2019年の大雨で2019年末から2020年前半にかけて数十年ぶりのバッタ被害を被った東アフリカ地域では、2020年後半にはラニーニャ現象のため干ばつが襲うと予測され、数百万人の食料安全保障状況の悪化が予測されているそうです。

 

気候変動の食料安全保障への影響は深刻です。干ばつにさらされるサブサハラ・アフリカ諸国では、栄養不足に直面する人々の数が増加していると推計されています。農業は多くの人々の生業を支えるアフリカ経済の屋台骨であり、気候変動のインパクトの脆弱な「ホットスポット」となっています。農業へのリスクには気温上昇や乾燥ストレス、病害虫リスクの増大や洪水等による食料システムインフラへのダメージがあり、地域・国・個々の世帯レベルでの食料安全保障の危機をもたらしかねません。

 

国際農研は、開発途上国地域における気候変動への強靭性向上を目的として、作物開発、栽培土地利用体系、水・土壌を含む持続的な自然資源管理等、の農業研究を現地パートナーと協力して行ってきました。今後ますます不確実性の増していく気候変動の状況下では、こうした技術の広範囲な普及を通じ、地域レベルでのレジリエンスを高めていく必要があり、そのために研究機関と開発・普及機関との間の連携もますます必要になっていきます。

11月10日にオンラインで予定されている国際シンポジウムでは、国際農業開発における連携の在り方について、パネルディスカッションを行う予定です。ぜひご参加ください。

 

JIRCAS創立50周年記念国際シンポジウム2020

「ポスト・コロナ時代のグローバル・フードシステムをとりまく地球規模課題の展開と農林水産業研究における国際連携の役割」

https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2020/e20201110

 

このたび、講演者・パネリスト紹介を含むプログラムを公開しました。

日本語 https://www.jircas.go.jp/sites/default/files/event/file/e20200925.pdf

英語  https://www.jircas.go.jp/sites/default/files/event/file/e20200925_0.pdf

 

登録サイトはこちら。締め切りが11月4日(水)に迫っております。シンポ参加にご関心があり、ご登録がまだの方は、ぜひ以下のリンクにアクセスをお願いいたします。

https://www.jircas.go.jp/ja/form/intlsymp2020

 

参考文献

WMO. Multi-agency report highlights the current and future state of the climate in Africa. Oct 26, 2020. https://public.wmo.int/en/media/press-release/multi-agency-report-highlights-current-and-future-state-of-climate-africa

Natire WORLD VIEW  15 OCTOBER 2020 Ethiopia, Somalia and Kenya face devastating drought. The next rainy season in East Africa is forecast to fail, jeopardizing food security for millions of people. Act now. Nature 586, 645 (2020) 

doi:https://doi.org/10.1038/d41586-020-02698-3 

 

(文責:研究戦略室 飯山みゆき)