国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

Pick Up

18. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 移動規制・物流寸断による食料出荷・農業生産への波及経路

2020-04-16

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大(パンデミック)を受け、食料貿易規制による食料危機の懸念に対し、国連機関は、世界的な食料在庫は十分にあり、現時点で輸出規制の影響は限定的であると強調しています。他方、各国の農業現場において、都市封鎖や移動規制により市場への出荷や農業生産に必要な物資・労働者の調達が困難な状態が続けば、食料供給が滞り、結果として食料危機へと展開する可能性も否めません(Pick Up 8, 9, 11, 14)。

国連・食糧農業機関(FAO)は、COVID-19パンデミックの食料安全保障への影響は、生産・加工かつ国内・国際流通網を含むフードシステム全体に及びうるとし、農産物の需要・供給、貿易や流通を通じた波及経路(channels of transmission)について整理しました(Schmidhuber et al. 2020)。パンデミックの影響は、需要と供給双方に及びますが、そのタイミングは非対称的であり、供給ショックが先立ち、不況による需要ショックが続く可能性があります。直接的な移動規制・物流寸断のほか、為替レートの変動、エネルギー・信用市場の動向、失業や景気悪化など、マクロ経済的要因も波及経路となりえます。

アフリカ諸国では、移動規制・物流寸断による影響が既に報告されています(BBC World Service)。ケニア西部では、多くの小規模農民が自宅兼圃場(kitchen garden)で野菜や乳牛を育て、近くの市場やホテルに新鮮な野菜や牛乳を卸しています。現在、ケニアではコロナ対策として夜7時から朝5時までの夜間外出禁止令(curfew)が課される中、農産物の出荷は許可されるものの、市場に買い手は現れず、いつ収入が得られるか目途がたたずに途方に暮れる農民の窮状が報道されています(BBC World Service, April 12, 2020 14:30-)。

一方、農業生産には、種子・肥料・飼料・燃料などの農業資材や農業機械・労働者が欠かせません。田植えや収穫期のタイミングで、移動規制・物流寸断やその他為替変動により、これらの供給が途絶えたりコストが急騰すると、生産・収穫活動が停止してしまいます。FAOは、とりわけ欧州・北米の農業セクターでは、穀物・油脂生産が大量の農業資材の投入によって成り立っていることに言及し、これらの調達が途絶えれば、生産活動の停止を伴いかねないとしています(Schmidhuber et al. 2020)。

対して、FAOは、アフリカなどの途上国では農業生産に対する農業資材への依存度が低いため、先進国に比べれば物流寸断による供給ショックは相対的に小さいかもしれないとしています(Schmidhuber et al. 2020)。たしかにサブサハラ・アフリカ諸国の多くは、世界的に見て化学肥料の使用が低水準にとどまっています。一方で、同地域の小規模農民セクターは、肥料や種子の取引から収穫物の出荷にかかわるバリューチェーンにおいて、農民だけでなく仲介業者・卸売・小売業者など多くの関係者(stakeholders)が関わっています。仲介業者の多くは、乗り合いバスやオートバイの後部座席などの「公共交通サービス」を利用し、農民と市場を結ぶ役割を担っています。3-4月の雨季に種まき期を迎えているルワンダなどの東アフリカ地域では、交通サービスの移動規制により、化学肥料や種子、家畜飼料・医薬品、普及サービスの調達が行えず、農作業に支障が出始めているとの報告があります (Down to Earth) 。

途上国における食料安全保障を考える上で、COVID-19パンデミックは、生産・消費のみならず、流通・物流・logisticsを担うフードシステム・バリューチェーンの果たす重要な役割も炙り出しているといえます。

 

参考文献

BBC World Service. Can Africa cope with coronavirus? April 9, 2020. https://www.bbc.co.uk/programmes/w3cszl36   Accessed on April 12, 2020.

BBC World Service. The Real Story Coronavirus: Is Africa ready?  April 10, 2020. https://www.bbc.co.uk/sounds/play/w3cszcmp  Accessed on April 11, 2020.

BBC World Service. Togetherness: Coronavirus Global Conversations. April 12, 2020.  https://www.bbc.co.uk/sounds/play/w3ct0qrp   Accessed on April 12, 2020.

Down to Earth. COVID-19: Agriculture in East Africa takes a hit. April 7, 2020. https://www.downtoearth.org.in/news/africa/covid-19-agriculture-in-east-africa-takes-a-hit-70269  Accessed on April 9, 2020

J. Schmidhuber, J. Pound, B. Qiao. 2020. COVID-19: Channels of transmission to food and agriculture. Rome, FAO. https://doi.org/10.4060/ca8430en

Pick UP 8. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 世界食料危機への国際社会による対応 https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/blog/20200401

Pick Up 9. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 輸出規制・保護主義回避の必要性:2008年世界食料危機からの教訓 https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/blog/20200402

Pick Up 11. 新型コロナウイルス・パンデミック ― 国際貿易と食料安全保障. https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/blog/20200406

Pick Up 14. 新型コロナウィルス・パンデミック ― 世界銀行速報:サブサハラ・アフリカ25年ぶりの経済不況へ.  https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/blog/20200409_0

 

(文責:研究戦略室 飯山みゆき)

Rainy season seeding@Rwanda

Female farmer waiting for a farm agent on the road@Kenya

Buses are sometimes used to transport agricultural products@Kenya

Crops transported from rural areas hundreds of kilometers away to Nairobi and sorted by a broker at the wholesale market for export and domestic consumption @ Kenya