Pick Up

597. 山のエコシステムの重要性

関連プログラム
情報

 

597. 山のエコシステムの重要性

明日8月11日は「山の日」です。

昨年12月11日の国際山岳デー(International Mountain Day)に合わせて、世界気象機関(WMO)が寄せた記事によると、山は地球の地表面の4分の1の面積に相当し、世界人口の半数を支える河川の水源であるゆえに、「Water Towers」とも呼ばれ、生物学的・文化的多様性および伝統的知識の中心的役割を担っています。

山はまた、世界の観光業収入の15-20%を占め、環境負荷の少ない観光業は山のエコシステムの保全・価値化を通じて生物多様性およびローカル経済やフードシステムを支えています。

しかし、山も気候変動と環境劣化の影響にかつてないほどさらされるようになっています。最近のIPCC報告書は、温暖化が安定したとしても氷河の融解は数十年間続くと予測しています。こうした変化は、水の供給、エネルギー生産、エコシステムの統合性、そして農業・森林生産性に影響をおよぼしかねません。地域・地球規模において、気候変動の影響を緩和し、山のエコシステムを保全するイニシアチブが求められています。

明日からPick Upは夏休みをいただきます。再開は8月17日を予定しております。


(文責:情報プログラム 飯山みゆき)