Pick Up

444. 食料農業のための土地と水資源-主要なメッセージ

関連プログラム
情報

 

444. 食料農業のための土地と水資源-主要なメッセージ

2021年12月、国連食糧農業機関は、食料農業のための世界の土地・水資源に関する白書(SOLAW 2021)の抄訳(Synthesis Report)を公表、 人間活動が土地・土壌・水資源システムの生産能力限界にまで圧力をかけ、破綻ギリギリ(systems at breaking point)の状況にあると警鐘をならしました。既に数十年にわたる非持続的な慣行下で環境的な制約に直面している天水・灌漑生産システムに対し、気候変動がさらなる圧力をかけています。以下、報告書の主要なメッセージをまとめます。

 

【現状:The state】

土地・土壌・水の相互に関係しあうシステムは既に限界にあり、グローバルフードシステムにわたり、農業システムが破綻しているというエビデンスが集まりつつあります。土地・土壌・水を相互連関したシステムとして解決するアプローチが求められています。

汚染・温室効果ガス排出を伴う現状の農業集約化パターンは持続的ではありません。土地・土壌・水資源への負荷により、主要な農業システムの生産性は停滞し、人々の生業が脅かされています。気候変動による蒸発散の増加は、降雨の量と分布に影響を与えることで、土地・作物適地に影響を及ぼし、また、河川への流出と地下水の涵養に大きな変動をもたらします。

農業システムは2極化(polarized)しています。大規模な商業的土地保有が支配的な農業土地利用となっている一方、小規模農家は土地劣化・水不足に直面する地域に追いやられて細分化された農地で自給自足的農業を営んでいます。生産性維持のためには持続的な資源管理を促進するための包括的な土地・水ガバナンスが必要となります。


【挑戦:The challenges】

人為的な土地劣化、土壌流出、土壌の塩類化、地下水の汚染、は一見緊急を要するリスクに見えないかもしれませんが、極めて深刻な問題です。農業生産の未来は、いかに土地・土壌・水資源のリスクを管理できるかにかかっています。土地・土壌・水管理は、システムとしてのシナジーを維持できる方法を見出さなければなりません。これが、環境を損ねることなく農業生産向上を維持する上での必須条件となります。

土地・土壌・水資源の保全、とりわけ長期的な土壌肥沃度の維持は、かつてない食への需要が高まるフードチェーンにおいて食料アクセスを確保するために必須です。資源の劣化と枯渇のトレンドを反転させる猶予は殆ど残されていない一方、そのタスクの複雑さと規模を甘く見てはなりません。


【対応とアクション:Responses and actions】

土地・土壌・水のガバナンスは、より包括的で適応的でなければなりません。自然資源の配分と管理に包括的なガバナンスは不可欠であり、それ抜きに土地劣化と水不足を緩和する技術的方法は成功しないでしょう。

技術の普及には、統合的なアプローチが求められます。しっかりとした計画により、技術・制度・ガバナンス・金融支援のパッケージ・プログラムによって土地劣化を反転するための自然資源システムの分水嶺範囲を定義することが可能です。

技術的・管理的なイノベーションは優先順位を決め、変革を加速させるようにターゲットを定めるべきです。放置されてきた土壌の回復、干ばつへの対応、水不足への適応は、新たな技術・管理アプローチの採用によって解決しえます。

農業支援・投資は土地・土壌・水管理から得られる社会・環境的便益に向けられるべきです。土地・土壌・水システム維持のための補助金に向けた農業金融の在り方も検討されています。

持続的な計画・管理のためのツールは揃っています。必要なのはデータ収集の向上です。気候変動の影響と農業生態系適地の関係をモニタリングすることは、資源利用の計画の上で必須となります。農業研究の向上で、土地・土壌・水管理に利用可能な選択肢は広がりつつあります。包括的な土地・水ガバナンスには、政策・法・制度的アレンジメントの調整が求められます。

「万能」(“one size fits all”)な解決策は存在しないかわり、食料生産と土壌劣化・水不足等の課題解決法を詰め込んだパッケージ(a “full package” of workable solutions)が求められます。ただし、そうした試みが成功するか否かは、実行を可能にする環境、政治的意思、しっかりとした政策、包括的なガバナンス、そして関係する全てのセクターやランドスケープの関係者が計画に参画できるかどうかにかかっています。 

 

 

国際農研作成のこちらのビデオ「フードシステムと科学技術」でも、現在のフードシステムを、便宜的に大規模商業システムと小規模農業システムに二極化して捉え、土地・水・自然資源の問題を解説しています。 

この記事は以下の文書を元に文責が作成しました。
FAO. 2021. The State of the World’s Land and Water Resources for Food and Agriculture – Systems at breaking point. Synthesis report 2021. Rome.
https://www.fao.org/documents/card/en/c/cb7654en 

この記事は CC BY-NC-SA 3.0 IGO
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/igo/legalcode
に基づき利用可能です。


(文責:情報プログラム 飯山みゆき)