JIRCAS創立50周年記念シンポジウムへのメッセージ

JIRCAS創立50周年を記念国際シンポジウム2020(2020年11月10日)へ

SATREPSプロジェクトリーダーからのビデオメッセージ再録

ブルキナファソ環境農業研究所所長代理、自然資源管理・生産システム部部長

トラオレ・ママドゥ博士

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)創立50周年を迎えるシンポジウムの参加者の皆様。敬意を表してご挨拶させていただきます。

私はブルキナファソの環境農業研究所の研究者であり、天然資源管理および生産システム部門の責任者であるトラオレ・ママドゥ博士です。この立場で、私はブルキナファソのリン鉱石の農業への利用を促進するためのモデルの確立に関するプロジェクトを主導しています。このプロジェクトは、国際協力機構によって資金提供されています。

はじめに、50周年を記念して挨拶するという名誉ある機会を与えていただきJIRCASに心より感謝申し上げます。そして、ブルキナファソ国立科学研究センター(CNRST)所長と環境農業研究所(INERA)の所長を代表して、JIRCASに感謝の意を表します。このシンポジウムに出席されたすべての人に挨拶し、彼らの仕事の成功を祈っています。

ブルキナファソの経済において重要な位置を占めている農業部門に重点を置くいくつかの分野で、ブルキナファソと日本は協力の長い伝統があります。実際、ブルキナファソにおける農業部門は総人口の約86%を雇用し、食糧と栄養の安全に貢献し、農家の収入の約45%を提供しています。

しかし、この農業部門は、多くの生物物理学的および社会経済的制約に直面し、作物の収穫量が少なくなるため非効率的です。これまで、日本の協力により農業生産性を向上させるために多くのプロジェクトが実施されてきました。その共同研究には、土壌と水の保全、特に流域規模での土壌と水管理に関する研究、農林牧畜システムを改善するための技術の開発、技術の有効性の評価などがあります。

現在、「ブルキナファソ産リン鉱石を用いた施肥栽培促進モデルの構築」というプロジェクトのリーダーを務めることを光栄に思います。このプロジェクトは、ブルキナファソの貧困を削減しつつ食料と栄養の安全を確保するために農業生産性の向上に貢献することを目的として、持続可能な開発のための科学技術研究パートナーシップ(SATREPS)の枠組みの中で設立されました。これは、推定1億トンの大規模な天然リン鉱石を農業のため開発するという国の期待に応えるブルキナファソにとって重要なプロジェクトです。

2020年の始め以来、西アフリカ、中央アフリカ、特にブルキナファソの食料システムは、すでにこのパンデミックの影響に直面しています。確かに、2020年の農業シーズンは重大な混乱を経験しています。それによって取られた制限措置は、普及員と研究者がデータを収集したり農民と交流したりするために必要な旅行をすることができないことを意味します。さらに、国境の閉鎖と国内での移動の制限により、多くの研究者はこの危機的な時期に農業生産を支援することができませんでした。食料供給への短期的な影響を超えて、状況が持続し、移動制限が続くと、農業生産が損なわれる可能性があり、食料の入手可能性と価格、そして最終的には食料安全保障に、より深刻で永続的な悪影響を与える可能性があります。食糧不安のリスクが高いこの状況において、農業研究の分野におけるブルキナファソと日本の模範的な協力がこれまで以上に必要とされています。そして、この重要な時期にこの協力が強化されることを願っています。この協力が、この世界的大流行の状況に適応した革新的なプロジェクトの実施につながり、コロナウイルス病に関連する状況が続き、我が国の農業生産がさらに苦しむことを防ぐことを願っています。

ご列席の皆様、シンポジウムの結論が農業研究におけるJIRCASのリーダーシップを強化し、農業部門の開発プロジェクトを導く大規模な研究の実施を通じて、ブルキナファソの農業がこのリーダーシップの恩恵を受けることを願っています。

ご列席の皆様、ご清聴ありがとうございました。皆様にとって素晴らしいシンポジウムとなりますよう!

Traore Mamadou