国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

ラオスにおける魚類の水田内物質循環への寄与評価実験、ミャンマーにおける共同研究開始に向けた打合せ、熱帯水産資源プロジェクトキックオフミーティング出席、第7回フィリピン水産科学学会での成果の発表及び複合養殖技術開発の進捗管理

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H28-0198 2016年9月-2016年10月 ラオス, ミャンマー, タイ, フィリピン 高付加価値化 2016年11月18日

成果の概要

ラオスにおいて、C3農山村資源活用プロジェクトの一環として、養魚の水田内物質循環への寄与を評価するための実験を同プロのCP機関である水生生物資源研究センター(LARReC)において行った。ミャンマーではミャンマー水産局ならびにミャンマー漁連を訪問し、平成28年度から新たに開始する持続的環境調和型養殖技術の開発に関する研究計画について意見交換を行った。また、共同研究契約に係る協議を進め、ミャンマー漁連と共同研究を締結した。タイではキングモンクット工科大学ラカバンにおいて開催された、熱帯水産資源プロジェクトのキックオフミーティングに出席し、2件の担当課題についての研究計画の検討ならびに課題推進のための意見交換を行った。フィリピンでは、第7回フィリピン水産科学学会に出席し、昨年度までに得られた複合養殖技術開発の成果の発表を行うとともに、ギマラス島で実施している複合養殖実証試験の現場を視察し、実施状況の確認と進捗管理を行った。

ラオス
ミャンマー
タイ
フィリピン