国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

Pick Up

40. 新型コロナウイルス・パンデミック ―国際農業開発基金 (IFAD) - COVID-19 対策によるアフリカ農業と農村貧困層支援

2020-05-16

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックは、アフリカ農業と農民に大きな打撃を与えています。2020年5月14日、国際農業開発基金の特使であるオルシェグン・オバサンジョ元ナイジェリア大統領とハイレマリアム・デサレン・ボシェ元エチオピア大統領は、「COVID-19対策はアフリカ農業と農村貧困層をターゲットとすべきである(COVID-19 response must target African agriculture and the rural poor)」と寄稿文を寄せました。以下、その内容を紹介します。

アフリカは、COVID-19パンデミックによる最悪の保健上の危機を今のところは回避しています。しかし、アフリカ大陸は危機による経済破綻から最も影響を受けるとされ、もし対策を講じなければ、8000万人のアフリカ人が絶対的貧困に陥りかねないとされています。さらにフードシステムの寸断は、より多くの人々を飢餓状態に置きかねません。大多数が小規模農民である農村の人々はとりわけ危機に脆弱です。したがって、アフリカにおけるCOVID-19対応は農村貧困層の食料安全保障に取り組む必要があります。

今回の危機では、国際開発アジェンダは、保健・経済・インフラを優先しています。しかし食料安全保障・アグリビジネス・農村開発にも焦点を当てなければいけません。これはアフリカ大陸においてはとりわけ重要です。

農業はアフリカにおいて雇用の65%を生み出し、国内流通の75%を占めます(数字は本文まま)。しかしCOVID-19の影響により、食料安全保障と貧困撲滅の手段である農業の潜在性は危機に脅かされています。

3月、国連アフリカ経済委員会は、2020年、アフリカの成長率が3.2%から1.8%に下落するとしました。ロックダウンは地域内交易を寸断し、食料輸送に影響を与え、食料輸入国のみならず、農民にとっての輸出市場の縮小し、懸念事項となっています。

アフリカの青果物最大市場であるEUでは、ケニアのアボカド、南アフリカの柑橘類、モロッコの野菜などを含む農産物への需要が大きく落ち込みました。ケニアはイラン・パキスタン・UAE向けの茶輸出が8.5%下落しました。国内においても、小規模農民への種子や肥料、そして農家から市場への食料流通が滞っています。

アフリカ政府はCOVID-19の国・地域レベルの経済インパクトを緩和するための刺激策を検討しています。政府は、他の分野への投資に比べ、農業への投資が5倍以上の貧困削減効果を持つことに配慮すべきです。農村小規模農業への投資は、地域の食料安全保障、最も脆弱な人々の生活、そして貧困削減と富の創出を維持する上で、非常に重要です。

小規模農民は世界の食料安全保障にも貢献しています。小規模農業を中心とするシステムは、世界の農地の30%の土地で50%のカロリー生産に貢献しています。農家の80%が小規模とされるサブサハラ・アフリカでは、小規模農業の役割はとりわけ重要です。

現在の危機前でさえ、世界的に8.2憶人の人々が飢えていました。世界の貧困層の殆どは途上国に暮らしています。アフリカでは、食料輸入への依存、小規模農家へのサービスやインフラの欠如、気候変動のショックが、食料アクセスの脆さを増幅しています。

4月、世界銀行は、パンデミックは世界のどの地域よりもアフリカに打撃を与えると予測し、2300万人の人々が貧困に陥ると予測しました。食料安全保障と生活維持のために、アフリカの小規模農民が、食料生産・販売に必要な投入財と金融アクセスをいかに確保するかが重要です。

4月、IFADは、マルチドナーによるCOVID-19農村貧困層刺激策ファシリテイ (Rural Poor Stimulus Facility RPSF)基金を立ち上げました。この基金は、小規模農家や漁民を対象に、投入財提供、市場へのアクセス確保、キャッシュフロー維持を支援します。IFADは新基金に4000万ドルを確保しましたが、国連加盟国や慈善団体・民間部門から追加的に少なくとも2億ドル調達することを目指しています。

長期的に、このパンデミックは、包括的成長・富の創出・強靭性の強化の路線として、アフリカによる農業・アグリビジネス転換の必要性を裏付けるものです。

 

参考文献

COVID-19 response must target African agriculture and the rural poor.  May 14, 2020. By Olusegun Obasanjo, and Hailemariam Desalegn Boshe, https://www.ifad.org/en/web/latest/blog/asset/41913297

 

(文責:研究戦略室 飯山みゆき)