国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

国際機関動向

世界経済フォーラム (World Economic Forum) (2020)「グローバル・リスク報告書 2020: Global Risk Report 2020」概要

2020-02-13

ダボス会議の2020年グローバル・リスク報告書によると、世界的なリーダーや政策立案者が次の10年間に起こり得るグローバル・リスクについて問われた結果、報告書の調査開始(2007年)以来初めて、上位5件とも全て環境問題・気候変動に関するものであった。

次の10年間に起こり得る上位5つのリスク

  • 異常気象(例えば、洪水、暴風):Extreme weather events (e.g. floods, storms, etc.)
  • 気候変動緩和・適応の失敗:Failure of climate change mitigation and adaptation
  • 大規模な自然災害(例えば、地震、津波、噴火、磁気嵐):Major natural disasters (e.g. earthquake, tsunami, volcanic eruption, geomagnetic storms)
  • 生物多様性損失とエコシステムの崩壊:Major biodiversity loss and ecosystem collapse
  • 人為的な環境破壊・災害:Human-made environmental damage and disasters

次の10年間に最も深刻な影響が予測される上位5つのリスク

  • 気候変動緩和・適応の失敗:Failure of climate change mitigation and adaptation
  • 大量破壊兵器:Weapons of mass destruction
  • 生物多様性損失とエコシステムの崩壊:Major biodiversity loss and ecosystem collapse
  • 異常気象(例えば、洪水、暴風):Extreme weather events (e.g. floods, storms, etc.)
  • 水危機:Water crises

不気味に迫る地政学的・環境的なリスクに立ち向かうには、システム・レベルでの発想が必要となる。報告書は、世界のリーダーに向け、地政学的な混乱が過ぎゆくのを待ち続けるのみで、社会的分断を修復し経済成長を持続させるための早急な対策を講じなければ、気候危機や生物多様性の損失を回避することは不可能である、と警告した。その上で、政策立案者に対しては経済成長と地球システムの保護を両立させる必要性を、民間企業に対しては将来の壊滅的な損失を回避するために科学的な知見を参照する必要性を訴えた。

より詳しい内容に関しては、以下のサイトを通じ報告書原文を参照のこと

https://www.weforum.org/press/2020/01/burning-planet-climate-fires-and-p...

http://www3.weforum.org/docs/WEF_Global_Risk_Report_2020.pdf

なお、概要に関する本翻訳は、World Economic Forumから公式に承認を受けたものではなく、翻訳上の誤りなどの責任は文責にある。

(文責:研究戦略室  飯山みゆき)