国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター文献複写規程

16国研セ第3-125号
最終改正27国研セ第16032232号
 平成28年3月31日

(趣旨)
第1条 この規程は、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター図書管理規程(22国研セ第12-118号)第9条の規定に基づき、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(以下「センター」という。)図書館(以下「図書館」という。)が所蔵する図書、記録その他の資料(以下「文献」という。)の複写に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(受付の対象)
第2条 受付の対象は、センター図書館に所蔵する文献とする。ただし、非公開の文献についてはその対象としない。

(受付の条件)
第3条 受付を行う文献複写は、その依頼の目的が著作権法(昭和45年法律第48号)第31条に定められた範囲内とする。

(受付窓口)
第4条 受付窓口は、企画連携部情報広報室情報管理科とする。

(申し込みの方法)
第5条 文献複写を依頼する者(以下「依頼者」という。)は、必要事項を記載した文献複写申込書(別紙様式1)をセンターに提出するものとする。ただし、センターが使用する図書資料管理システムを経由した申し込みについては、当該申込書が提出されたものとする。

(複写の制限)
第6条 センターは前条の申し込みを受けたときは、承諾の適否を決定し、次の各号に該当する場合には、依頼者に文献複写に対する制限または謝絶をすることができる。
(1) 著作権法に抵触し、またはその恐れがあると認められる場合。
(2) センターの複写能力を超える依頼があった場合。
 (3)  営利目的の場合。
(4) 前3号に掲げるもののほか、センターが特に必要があると認めた場合。

(料金の徴収等)
第7条 依頼者は、複写料(別表)としてセンターが発行する請求書によりその都度、当該文献複写に係る費用(以下「料金」という。)を支払うものとし、納付された料金は返還しない。
2 依頼者が、国立情報学研究所ILL文献複写等料金相殺サービス利用規程(平成16年4月1日施行)に基づく利用機関に属する場合は、前項の規定に係わらず、当該規程によるものとする。
3 依頼者は、センターから請求があった料金を納付する場合には、現金又は銀行振込みのいずれかの方法によりこれを納付しなければならない。
4 センターは、料金が現金により納付される場合にあっては、受付窓口にその受け入れを行わせることができるものとし、受付窓口は現金を受け入れた場合には速やかに財務課にこれを引き渡すものとする。
5 センターは、料金の納付に係る領収証書(別紙様式2)の発行を受付窓口に行わせることができるものとし、受付窓口は領収書を依頼者に交付するものとする。

 (料金の免除)
第8条 依頼者が、次の各号に該当する者およびセンターが特に必要と認めた場合は、第7条の規定にかかわらず料金を徴収しない。
(1) センター役員及び職員並びに契約職員
(2) センター招へい研究者及び講習生又はこれらに準ずる者
(3) 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター図書館利用規程(22国研セ第12-119号)別表(第2条関係)に掲げる機関に所属する者

(依頼者の責任)
第9条 文献複写に関する著作権上の責任は、依頼者が負うものとする。

(その他)
第10条 この規程に定めるもののほか、文献複写に関し必要な事項については別に定めることができる。

附則
この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附則(平成20年3月24日19国研セ第3-53号)
この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附則(平成23年3月31日22国研セ第3-150号)
この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附則(平成27年3月30日26国研セ第15032610号)
この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附則(平成28年3月31日27国研セ第16032232号)
この規程は、平成28年4月1日から施行する。


別表
(第7条:文献複写料金)

複写の種別 電子複写方式
料金の種別 複写料
規格 A3,A4、B4,B5判
複写の種類 モノクロ(カラーは対象としない)
単位 1枚
文献複写料 来館の場合
(依頼者が複写)
25円/1枚あたり(消費税込み)  
(すべてのサイズをこの料金とする)
来館以外の場合
(郵送等)
45円/1枚あたり(消費税込み)
(すべてのサイズをこの料金とする)
その他費用 送料等の費用を要する場合は、実費を徴収
文献複写規程
文献複写申込書(別記様式1)
文献複写申込書(別記様式1)