国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1. 【JICAブルキナファソ】肥料流通及び農産物消費動向の調査、2.【アフリカ流域管理】農家経済及び農業技術に関する調査

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0430 2019年2月-2019年2月 ブルキナファソ 資源・環境管理 2019年6月14日

成果の概要

JICAブルキナファソでは、これまでに実施した肥料流通の実態調査の中で、品質に問題のある肥料が実際に流通していることが判明した。またそれへの対策として、行政による査察制度が強化される、という情報も得ていた。査察強化に関する情報を農業・水利省作物生産総局で確認したところ、制度の強化を計画したことは事実であるが、化学分析や査察官増員のための予算に制約があり、実際には強化の目途は立っていない、という現状が明らかとなった。アフリカ流域管理では、農業及び家計のデータを提供してくれている20軒の協力農家を訪問し、ベースライン調査実施時からの変化について、聞き取りを行った。2018年の雨期は雨が多く降ったとのことだが、それにより収穫が平年より良かった農家は16軒、水没などで悪かった農家は3件、出穂期の一時的干ばつで被害が出た農家が1軒であった。同一年の同一地域における収量変化の多様性が明らかとなった。

ブルキナファソ