国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1.農村センサス調査等、2.ブルキナファソ環境農業研究所での打合せ、プロジェクトサイトにおける農家調査等

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0422 2019年1月-2019年3月 ガーナ, ブルキナファソ 農産物安定生産, 資源・環境管理 2019年5月24日

成果の概要

1. ガーナ北部のプロジェクトサイトにおける開発技術の影響評価を目的とした農村センサス調査を実施し、農家の世帯属性、就業構造、作付体系の変化、生活用水の利用実態及び食嗜好などに関するデータを収集した。また、稲作農家を対象とした生産調査を実施し、主要作物の作付規模や技術体系、収益性、ため池灌漑の情報伝達及び技術波及などに関するデータを収集した。この他、プロジェクトサイトの補給灌漑稲作、野菜作のモニタリング結果を現地の関係機関にて報告するとともに、補給灌漑稲作のマニュアル修正版について合意を得た。
2. ブルキナファソ国内の食品加工・消費動向及び肥料流通に関する情報収集を目的として、ブルキナファソ環境農業研究所のカウンターパート研究者と打合せを行うとともに、ブルキナファソ農業水利省において肥料流通に関する法整備、施行上の課題についての聞き取りを行った。また、プロジェクトサイトであるサリア近郊において農家調査を行い、2020年雨季作より予定されている試作複合肥料を用いたソルガムの農家ほ場試験について、試験参加の意向、比較対象となる現状の施肥方法及びデータ収集のための記帳能力などを確認し、参加農家候補の選定、試験実施方法の検討を進めた。

ガーナ
ブルキナファソ