国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1. SATREPSマダガスカルプロの代表業務および課題3「施肥と育種素材を統合した養分利用に優れた局所管理技術の開発」における現地栽培試験の設置、2. 耕地環境プロの雨季作2年目の収量調査と群落気象データの集積、3. 科研費課題の硫黄欠乏下での稲生育評価と土壌採取

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H29-0324 2017年11月-2017年12月 マダガスカル, ガーナ 農産物安定生産 2018年2月23日

成果の概要

1. マダガスカルのカウンターパート機関およびJICAと協議し、プロジェクトが概ね予定通り進捗していることを確認した。また、圃場毎の局所管理の効果を明らかにするため、施肥成分の異なる処理を施した2年目の現地栽培試験区を11地点の農家圃場内に設置した。
2. ガーナ国北部州の2つの灌漑圃場で実施する、「水条件、施肥処理、および品種の違いが、群落温度の変化を介してイネの高温ストレス障害と生育収量に及ぼす効果を明らかにするための栽培試験」について、2年目の雨期作の収量および圃場環境計測のデータを取得した。また、気象データ、土壌水分データ、開花出穂観測写真、水位データ、土温データ、群落温湿度データ、放射温度計による群落熱画像データ、および収量・バイオマスデータがいずれも実験計画通りに取得されていることを確認し、カウンターパート機関のSARIと同雨季作の暫定データ結果および次の乾期作の試験計画について討議した。
3. これまで硫黄施用の顕著な効果が確認されているガーナ北部州の農家圃場および試験圃場のイネの収量程度を観測するとともに、ポット試験に供試するための硫黄欠乏土壌の採取を実施した。

マダガスカル
ガーナ