国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

アフリカ食料プロ研究課題「開発技術の普及を促進するための制度設計と実証」に係る現地調査及び打合せ、第6回アフリカ開発会議(TICAD 6)及びアフリカ稲作振興共同体(CARD)運営会議参加のため

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H28-0114 2016年8月-2016年9月 ガーナ, ケニア 農産物安定生産, 情報収集分析 2016年10月7日

成果の概要

研究課題「開発技術の普及を促進するための制度設計と実証」を推進するため、ガーナ共和国食料農業省普及サービス局と研究協定案及び研究課題の内容について協議を行い、作業計画を含めて具体的な研究協定案の摺り合わせを行った。また、ガーナ側共同研究実施チームと打ち合わせを行い、チームメンバーの一部を帯同して調査対象地を選定するための現地調査、並びにガーナの地方銀行協会本部での情報収集等を行った。
ケニア共和国ナイロビ市で開催されたTICAD6(第6回アフリカ開発会議:6th Tokyo International Conference on African Development)並びにJICA、CARD、ICRAF、農林水産省食料産業局等が主催する関連イベントに参加するとともに、ILRI、AATF、ICRAF、CIP等の在ナイロビ国際研究機関を訪問し情報収集等にあたった。また、第12回CARD(アフリカ稲作振興のための共同体:Coalition for African Rice Development)運営委員会に出席し討議に参加するとともに、JIRCAS理事長とギニア大統領との二者間面談に同席した。

ガーナ
ケニア